< トップページ(1533ページ目) | ニュー速まとめコアラチャンネル



(出典 www.cross-m.co.jp)


#新型コロナウィルスワクチン

・新型コロナウィルスワクチン接種が2月下旬の開始に向けて急ピッチで進ん でいる。
 ○接種が受けられる時期
  最初の接種が2月下旬から始められるよう準備を進めている。
  ①医療従事者等
   医療従事者等の後、
  ②高齢者(令和3年度に65歳に達する昭和32年4/1以降に生まれた方)
  ③基礎疾患を有する方や、高齢者施設などで従事されている方
  ④それ以外の方
           の順に接種を進めていく見込み。
 
 ○接種回数
 2回接種になる見込み
 ○接種費用
  全額公費のため無料
 ○接種受けるさいの同意の取得
  強制ではない
  新型コロナウィルスワクチンの情報提供を行ったうえで接種受ける方  の同意がある場合に限り接種をする。
  受ける方の同意なく接種が行われることはない。
 ○接種を受けた後に副反応が起きた場合
  健康被害、予防接種法に基づく救済制度が受けることができる。
  副反応により稀に病気になったり、障害が残ったりすることがまれに  あるが避けられることができないことから救済制度が設けられてい   る。
 
感染防止効果はないとしても、重症化を防ぐ目的のために接種に期待したいです。

1 ニライカナイφ ★ :2021/01/20(水) 20:18:40.21

■ ワクチンをめぐる“誤解”

 世界各国で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まっている。日本でも来月下旬、医療従事者や高齢者から順に接種が始まる見通しだ。だが「絶対に打ちたくない」という声も、医学界から聞こえてくる……。

 ***

 そもそもワクチンは、感染予防にならないのだという。

「誤解されている方が多いですが、季節性のインフルエンザなど注射で打つタイプのワクチンは、ウイルスの感染自体を防ぐことはできません。新型コロナウイルスのワクチンも同じで、打ったとしても感染を防ぐ効果はないのです」

 そう解説するのは東京大学薬学部の池谷裕二教授。ワクチンはあくまでも「重症化を防ぐ」ために打つものなのだという。誤解を生みやすいのは、「数字」が独り歩きするせいかもしれない。例えば、ファイザー社のワクチンは「65歳以上に94%の有効性」などと報じられるが、

「有効性94%などと聞くと、ワクチンを打った人の94%が感染しないとの印象を持つ人もいるでしょうが、違います。ワクチンを打っていない集団で100人感染し、打った集団で10人が感染した場合、有効率は90%ということになる。あくまで打った人と打たなかった人の感染の割合を見ての比較です」(国際医療福祉大学の松本哲哉教授)

 さらに、日本政府が供給を受ける契約を結んでいる数種のワクチンは、弱毒化させた病原体などを使う従来型のワクチンではない。たとえばファイザー社とモデルナ社のワクチンでは「メッセンジャーRNA」なるものを注射する。新潟大学名誉教授で医師の岡田正彦氏の解説によると、「体内にコロナウイルスの表面のトゲトゲと同じものを作らせ、それに免疫が反応するという仕組み」だそうだが、岡田氏は「絶対に打ちたくない」と強調する。

■ ファイザー製のワクチン

「メッセンジャーRNAは、本来われわれの体内で短時間で消滅するようになっている。今回のワクチンではその特性を何らかの方法で変え、分解されないようにした。分解されないとすると、注射されたメッセンジャーRNAは体内に半永久的に残るかもしれず、それがどう影響するのか誰にも分かりません」

 もちろんワクチンには、高齢者や基礎疾患を持つ人など、リスクの高い人の重症化を防ぐ利点もある。1月21日発売の週刊新潮ではワクチンのポイントほか、医療崩壊が叫ばれる現場の「真実」などと併せて報じる。

「週刊新潮」2021年1月28日号 掲載
https://news.livedoor.com/article/detail/19563886/

■ 前スレ(1の立った日時:2021/01/20(水) 18:40:22.77)
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1611135622/


【【新型コロナワクチン】感染予防効果は・・重症化を防ぐ事に期待】の続きを読む



(出典 news.radiko.jp)


#爆笑問題 田中裕二
#前大動脈解離
#くも膜下出血、脳梗塞

・お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二(56)が20日深夜に救急搬送、
 前大動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞と診断。
 
 田中は、TBSラジオ収録後、都内の仕事を終えて帰宅。
 頭痛の症状がでて、妻に救急車を呼んでほしいと話したという。
 
 所属事務所は、「搬送された病院で幸い大事にいたることはなく
 、さらなる検査の結果、手術などの必要もなく田中裕二本人も変わりあ りませんので、入院期間1週間程度の治療計画となりました」
 と報告。
 ただ、「動脈解離が前大脳であるために大事をとって1ヶ月程度休養させ ていただくことと致します。」とした。


驚きました。
脳の病気とは・・
早い対応のおかげで大事に至らなくてよかったです。
今まで頑張ってきたんです。
ゆっくりと休んでくださいね。

1 ベクトル空間 ★ :2021/01/20(水) 21:21:15.92

爆笑問題・田中裕二、くも膜下出血、脳梗塞で入院 命に別状なし 1カ月休養
お笑いコンビ、爆笑問題の田中裕二(56)が脳梗塞を発症していたことが20日、分かった。
所属事務所「タイタン」が公式サイトで発表した。

同事務所は、太田光代社長名義の「ご報告」とした文書を発表。
それによると、田中は同日午前2時ごろ、自宅で頭痛を訴え、病院に救急車で搬送された。
病院での処置により、大事に至ることは無かったが、検査の結果「前大脳動脈解離による、
くも膜下出血、脳梗塞」と診断された。

田中の容態について「今のところ手術等の必要性もなく田中裕二本人も変わりありませんので、
入院期間1週間程度の診療計画となりました」と報告。「しかし、動脈解離が前大脳であるため
に大事を取って一か月程度休養させて頂くことと致します」とした。
「弊社と致しましても田中裕二の健康を第一に考え、当面の間、担当医と相談の上、
活動再開に向けて最善を尽く所存です」と、今後についてつづった。

 田中は昨年8月26日、新型コロナウイルス感染が判明して入院し、翌9月7日に退院。
同月16日に仕事復帰した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/42a11eeb5e1f867ec3ffd9088077dfc06f2fa544


【【衝撃!!】爆笑問題・田中裕二さん くも膜下出血、脳梗塞で入院!!】の続きを読む



(出典 www.sankei.com)


#枝野幸男代表
#コロナ禍で経済を回せない

・20日立憲民主党 枝野幸男代表が衆議院本会議での代表質問で、「GoToト ラベル」が新型コロナウィルスの感染拡大っを招いたと指摘し て、国民に 謝罪した。
 また、「GoToキャンペーン」は、感染拡大をし緊急事態宣言出され、経 済にもかえっておおきなダメージを与えたとも指摘した。
 
 冒頭では、コロナで亡くなった人に哀悼の意を示し、「医療体制に不安
 を抱いている皆さんに心から詫びる。」と述べた。

・枝野代表。。
 国民の声を代表して言ってくれてるみたいで感銘を受けました。
 経済と感染両立は現段階では難しい。
 誰でも思っています。
 
 根本的な解決もないまま進んでいき、その中途半端なことに振り回され るのには疲れました。
 年功序列の時代はもう古いです。今は実力ある人がリーダーになる時  代になってきつつありますものね。

 なにより、
 誤ってくださったこと。
 事実を認めて立ち向かおうとしてくれる。
 そんな政治家ばかりだったらいいのにな。

 

1 マスク着用のお願い ★ :2021/01/20(水) 18:35:41.72

https://twitter.com/cdp2017/status/1351744600847728640?s=21

枝野幸男「ウイルス蔓延の中で経済を回す「withコロナ」ではなく、感染者をなくす「zeroコロナ」へと方向を転換すべき。徹底して感染を封じ込め、その間は十分な補償と給付で支える。その後、いつでも封じ込めができる体制を維持し、旅行や会食を再開することが必要。」(1.20代表質問) #国会2021

13:13 2021/01/20
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)


【【枝野幸男氏】ウイルス蔓延の中で経済を回せない。】の続きを読む

このページのトップヘ