< トップページ(4ページ目) | ニュー速まとめコアラチャンネル


コロナ禍によって多くの人の頭を悩ませた「コロナ太り」。

なかなか痩せられない原因は、一体どこにあるのでしょうか。

本記事では順天堂大学医学部教授の医師、小林弘幸氏による著書『お医者さんがすすめるバナナの「朝食化」ダイエット 超シンプルな腸活健康法』(アスコム)から一部抜粋して、「太りやすくやせにくい体」になってしまう原因について解説します。



「コロナ太り」がなかなか解消できないたった1つの理由

コロナ禍で多くの人が直面した「コロナ太り」。しかも、なかなか体重がもとに戻らず、悩んでいる人の声をよく聞きます。

これは、コロナ禍の生活によって、体がやせにくくなってしまっていることが原因と考えられます。

ダイエットを選ぶ基準は、「勝手にやせる体になるもの」です。では、それはどのような体のことをいうのでしょうか。

勝手にやせる体になるダイエット

具体的には、代謝、なかでも基礎代謝が高い体です。

人間は、食事や脂肪を変換して得たエネルギー(カロリー)を使って、歩いたり、走ったり、臓器を動かしたり、脳を働かしたり、すべての生命活動を行っています。このエネルギーを使う人間の活動のことを代謝といいます。

エネルギーは代謝以上に食事で摂取すると、脂肪へと変わっていきます。

逆に代謝が摂取するエネルギーを超えれば、貯蔵してある脂肪がエネルギーとなりやせるのです。

そして、代謝のなかでも、最もエネルギーを使っているのが、走ったり飛んだり歩いたりといった運動(活動代謝)ではなく、体温を保ったり、息をしたり、心臓などの臓器を動かしたりといった、生命の維持に必要な活動で使う基礎代謝です。

代謝の約6割をしめるといわれ、この基礎代謝が高い体=勝手にやせる体というわけです。

この基礎代謝を下げる原因の1つがストレスです。

コロナ禍における運動不足もあると思いますが、なかなか解消できない人が少なくない現状をみると、自粛生活をしいられたことや先の見えない不安、閉塞感、感染への恐怖が大きなストレスとなり、体がやせにくくなっていることが、コロナ太りが解消できない大きな理由と考えられるのです。

「勝手にやせる体づくり」に絶対必要な2つの要素

「ストレスがやせにくい体にする」と先ほど述べましたが、これはやせる体づくりに、自律神経が大きくかかわってくるからです。

結論からいいます。勝手にやせる体づくりには、「自律神経」「腸内環境」の2つを整えることが大切です。ここでは1つ目の要素である自律神経から説明していきましょう。

自律神経の役割とは

自律神経とは、中枢神経(ちゅうすうしんけい)と体のあらゆる器官をつないでいる末梢神経(まっしょうしんけい)の1つです。内臓の働きや呼吸、血流、体温の調整など、体の機能を24時間コントロールしている体の司令塔のような役割を担っています。


例えば、重要な場面で鼓動がはやくなる経験をしたことはないでしょうか? これは自律神経が働き、心拍数や呼吸数を上げることによって、酸素や栄養素を体全体に送らせてエネルギーを高め、戦闘状態にしているからなのです。

また、暑くなったら汗をかく。これも体内の温度が上がりすぎてオーバーヒートしないように、自律神経が汗腺を刺激して汗をかかせて、体温を適切にコントロールしているから起こります。

このように、自律神経が各器官に命令を与えることで、私たちは生命を維持しています。

自律神経には、体が活発に動いているときに優位になる「交感神経」と、リラックスしているときに優位になる「副交感神経」という2種類があります。

この2つの神経のどちらかが環境や状況に合わせて優位に働くことで、私たちが生きるために必要なあらゆる機能を適切にコントロールしています。

一般的には、日中の活動的な状況のときは交感神経が優位な状態になります。一方で、副交感神経が優位になると、血管が拡張して、心臓の動きはゆるやかになり、血圧が低下して、体は休息モードになっていきます。

よく「副交感神経を高めましょう」という話が出るので、勘違いされやすいですが、この2つは、どちらかが優位な状態を保つことがいいということではありません。

仕事や作業などで活動的に動こうとするときには、交感神経が優位に活発に働かなくては、やる気も出ないし、集中もできません。

一方で、夜寝る前などの体を休めるときなどは、副交感神経が優位に働いていないと、体が十分に休めずに、不眠や慢性疲労といった症状を抱える原因となります。

自律神経の乱れが「太りやすい体」に変えてしまうワケ

つまり、2つの神経が必要なときに、必要な分だけ働くことが大切なのです。よくいわれる、「自律神経が乱れた状態」というのは、2つの神経が必要なときに必要な分だけ働いていない状態です。

例えば、前述したように、ストレスは自律神経を乱す大きな原因となります。なんらかのストレスを受けたとき、私たちの体はいつも通りの状態を保とうと活動します。

その1つが交感神経の活性化です。

ストレスを受けるとそれに対応するために交感神経が優位になり、しっかりと呼吸をして酸素を取り入れたり、全身へ血液が行き渡るように心拍を速くしたりします。

ストレスという非常事態を乗り切るために、体が戦闘態勢を整えるのです。

それは、体を守るためには必要なことなのですが、長く続いてしまうと、夜、副交感神経が活発になる必要があるのに、交感神経によってその働きが抑制され、うまく働かなくなり、体に不調が出ます。

さらにその不調をなんとかしようと自律神経が頑張ることで、自律神経がオーバーワークになってしまい、本来の働きが、どんどんできなくなってしまうのです。

例えば、胃腸の働きが抑制されて食べたものの消化が滞り、便秘になり、ぽっこりお腹になりやすくなります。

そしてなにより、血流が悪くなることで代謝が下がります。代謝が下がると、先ほど説明したように、脂肪をためやすい、太りやすい体になってしまうというわけです。

(※写真はイメージです/PIXTA)


小林 弘幸

順天堂大学医学部教授




(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 img.ananweb.jp)



<このニュースへのネットの反応>

【まだまだ脱却できない コロナ太りの謎解き!太りやすくてやせにくい人の共通点と姿勢の関係】の続きを読む


本記事は広告を含んでいます

捨てる前に知りたかった!栄養豊富なアボカドの種、とっておきの活用方法 



アボカドを調理したあと、ついもったいなく感じてしまうほど、立派で大きなアボカドの種。みなさんはどうしていますか?


低糖質で、栄養価の高いアボカド。実は、アボカドの栄養素の中でも、健康やダイエットで注目を集める抗酸化物質・アミノ酸の70%近くは、この大きなアボカドの種に蓄えられているそうです。

栄養豊富なアボカドの種で淹れる種茶や、水耕栽培から観葉植物として育てるアボカドの楽しみ方まで。アボカドの種の意外な活用法を、まとめてご紹介します。



(出典 d2tzd06cwmvahj.cloudfront.net)

【関連記事】らっきょうの驚くべき効果効能


半分に切ったアボカドは、種を残して日持ちアップ!

アボカドを切ると、空気に触れた面から酸化がはじまり、時間が経つと黒っぽく変色してしまいます。

半分に切ったアボカドを残すなら、種が残ったほうを保存しましょう。

種のある面は空気に触れず、鮮やかなグリーンを保ちます。

残った切り口には、酸化を防止するレモンやライムの汁を塗り、空気に触れないようにラップをしっかり密着させて冷蔵庫へ!

香菜(パクチー)やハラペーニョを加えた、メキシコ料理の前菜としておなじみのアボガドディップの一種・ワカモレの保存では、アボカドの種を埋めておくのが一般的。

作り置きに便利なアボカドディップの保存でも、種と一緒に保存した方が日持ち効果がアップすると言われています。


ダイエット茶として話題!アボカド種茶の淹れ方



アボカドの種は、強い抗酸化力を持つポリフェノールや、脂肪燃焼に大きな役割を果たすL-カルニチンへと体内で変化する必須アミノ酸など、健康・美容・ダイエットにメリットの大きい栄養素が凝縮されています。

捨てるにはもったいないほど豊富な栄養を含むとはいえ、食べるのには苦みのきついアボカドの種。

でも、1cm幅の薄さに切り分けた種1個を、1リットルの水に入れて30分ほど中火で煮出した種茶なら、アボカドの種に含まれる栄養に加え、お通じを助け、ダイエット効果も期待できる水溶性食物繊維まで余すことなくいただけます。


煮出す種の表面にヌメりが残っていると泥臭さの原因になるので、しっかり水洗いしておきましょう。硬い種をスライスするなら、水分を拭き取ってからラップで包み、レンジで30秒ほど温めましょう。

淹れた種茶は紅茶のような色合いですが、味は控えめ。もう一味欲しい!臭みが気になる。。そんなときは、お好みでレモンや生姜のスライスを加え美味しくアレンジを。

コンソメを少量加えれば、旨みたっぷりの洋風スープとしても活躍します。


アボカドの種は、お手軽な観葉植物としても楽しめます。

アボカドの種は、お手軽な水耕栽培で発芽し、かわいい観葉植物に成長することをご存知でしたか?

アボカドは、もともと熱帯果樹。過酷な環境でも成長する栄養をたっぷり蓄えたアボカドの種の発芽に必要なのは、新鮮な水だけで手間いらず。

発芽温度はおよそ15.5℃~21℃で、種まきの適期は春先~初夏になりますが、暖かい室内で水耕栽培するなら、秋や冬でも発芽のチャンスはあるのです!

まだ青く固い、若いアボカドの実より、茶色く熟した実の種のほうが発芽に適しています。一度冷やしたアボカドの種は発芽しにくくなるので、発芽させるなら冷蔵庫に入れる前にアボカドを切り、種を取り出しましょう。

種の周りに残った果肉は発芽を抑制し、水が腐る原因にもなるので、タワシなどを使って表面からヌルヌルした感触が無くなるまで綺麗に水洗いします。

アボカドの種には上下があり、丸い輪のような印がある方が、根が生えてくる下側です。コップに水を入れたら、種に楊枝を3本程刺して、種の下半分だけ水に浸るようにコップの縁に掛ければ、発芽の準備は完了です。

水が腐ると発芽に失敗してしまうので、2日に1度は水を取り替えましょう。およそ1ヶ月ほど経つと、まず種が割れて根が張り出し、さらに1週間ほど育てれば、少し尖った種の上から、かわいい芽が出てきます。


ある程度育ってきたら、鉢植えに植え替えて育てましょう。発芽してから2、3年もすれば、露地栽培でも-5℃くらいまで耐えられ、お部屋で飾るのにもピッタリな緑の大きな葉も鮮やかな観葉植物、丈夫なアボカドの木に育ちます。

アボカドの種の意外な活用法、いかがでしたか。


ヘルシーで栄養満点のアボカド料理を美味しく頂いたあとは、今回ご紹介したアボガドの種を使った新しい楽しみ方にも、ぜひチャレンジしてみてください!

捨てる前に知りたかった!栄養豊富なアボカドの種、とっておきの活用方法



[文:HOWZAP 【ハウザップ】 ライザップが運営するボディメイク情報マガジン)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。







(出典 news.nicovideo.jp)





<このニュースへのネットの反応>

【捨てないで!アボカドの種の驚くべき栄養と健康への活用法】の続きを読む


 
本記事は広告を含んでいます




健康に良い歩き方。腕は「前」に振る?「後ろ」に振る?




正解は「後ろ」に振るです。


腕を後ろに意識的に動かすことにより、背中にある「肩甲骨」が背中の中心に集まり、背中まわりの筋肉が動きます。

これにより、骨盤や下半身の筋肉が活発に使われるのです。

 

また、肩甲骨周辺には「褐色脂肪細胞」(ちょっと難しい言葉ですね…)というものが人によりある人もいて、この脂肪は自分でエネルギーを消費するので代謝のアップには効果絶大。

ダイエットにも効果的!ウォーキングポイント


(出典 www.hiroshima-kokuhoren.or.jp





【関連記事】筋トレで「10回3セット」は本当に最適?筋トレ博士が徹底解説します!



1.視線は正面
2.歩幅は広く
3.しっかりと腕を後ろに振りながら
4.いつもより速いスピードで
5.颯爽と
6.楽しみながら歩きましょう


最も手軽な運動「ウォーキング」を生活にうまくとりいれてみてください。




【監修】
スポーツクラブNAS
スポーツ健康医科学研究室
後藤 真二

「文:けんこうフィットNEWS 」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。





(出典 news.nicovideo.jp)




<このニュースへのネットの反応>

【健康に良い歩き方 腕は「前」に振る?それとも「後ろ」に振る?姿勢の重要性も解説!】の続きを読む

このページのトップヘ