< トップページ(5ページ目) | ニュー速まとめコアラチャンネル


東谷義和 (ガーシーからのリダイレクト)
)は、日本の政治家。元YouTuberで、YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】』を運営していた。アパレル会社QALB(カルブ)元社長、元実業家、NHK党所属の参議院議員(1期)。愛称および国会議員としての名前は「ガーシー」。身長180 cm。血液型はA型。2022年時点ではアラブ首長…
56キロバイト (7,623 語) - 2022年9月20日 (火) 09:19

   浜辺美波の交際ネタ? ガーシー議員のサロンで予告された注目の“暴露”の行方|日刊サイゾー  
ガーシー砲 一発アウト!? 浜辺美波さんの行方は...



1 jinjin ★ :2022/09/25(日) 23:46:05.83ID:CAP_USER9
ガーシー、有料サロンで本日予定していた浜辺美波の暴露を延期… 9月30日(前編)、10月1日(後編)に変更 「男性関係、少し違法性も」

待望】ガーシー、ついにサロンで浜辺美波の暴露を予告!!危険度降板レベル – GOTUBE   サロン初生配信!綾野剛、浜辺美波の暴露がついに・・・「ガーシーch、東谷和義、切り抜き、nhk党」 - WACOCA JAPAN: People,  Life, Style

ガーシー議員、若手女優の実名を挙げて暴露予告
「それは男性関係」「少し違法性もあります」


暴露系YouTuberでNHK党所属の参院議員の「ガーシー」こと東谷義和氏(50)が25日、ツイキャスで生配信を実施。

かねてより暴露予告していた若手女優(22)の実名を挙げ、男性関係でスキャンダルがあり「少し違法性もあります」と知られざるプライベートの一面を匂わせた。

この日、ロンドンブーツ1号2号の田村淳(48)のチャンネルでコラボ動画が配信されていたガーシー議員。

その後、自身のツイキャスLIVEに臨み、
「淳の番組内でね。最後ちょっと、誰も知らない爆弾落としてみたいなこと言われたから、さらっと喋ったことがあってんけども」と切り出し、若手女優の実名を挙げながら「それは男性関係ですよ。少し違法性もあります」と暴露の一端を明かした。


ガーシー議員は続けて
「9月30日にこの件はやります。(当初予定していた25日には)ちょっと間に合わないんやね。これ前編後編に分けてます。9月30日に前編、10月1日に後編となります。(動画の)編集に時間かかってるので、どうしてもそうなってしまうので、その辺をご了承ください」と、自身が運営する有料オンラインサロン『GASYLE(ガシる)』での配信予定を知らせた。


さらにガーシー議員は
「皆さん、楽しみにして、多分ね、いっぱいワクワクしてるんだろうけど、この9月30日、10月1日の暴露を聞いて、それぞれの感想、また聞かしてください。きちっとした話をしておりますので」と暴露内容に自信をのぞかせていた。

https://article.yahoo.co.jp/detail/7c260e8eceb48a847facc2533c86f6f04a9fbcec



9月25日に予定していた暴露は女優の浜辺美波

ついにガーシー議員が予告した浜辺美波のスキャンダル暴露
https://news.nifty.com/article/entame/etc/12184-1888398/

【ガーシー議員 有料サロンでまた本日予定していた人気女優の暴露予告wwwwww】の続きを読む



1 お断り ★ :2022/09/25(日) 14:46:26.56ID:uvGYR0UY9
プーチン大統領の元側近「英国への核攻撃ありえる」

プーチン氏「はったりでない」国民30万人新規動員 核使用も示唆 | khb東日本放送  クリスチャンの英国首相、核攻撃を許可する用意があることを明言 教会指導者らは核ミサイル更新に反対 : 国際 : クリスチャントゥデイ

ロシアのプーチン大統領の元側近がイギリスがロシアに強硬な姿勢を続ければ、ロンドンに「核の脅威」があると発言しました。

マルコフ氏は「あなたの街がターゲットとなるだろう」とも発言し、イギリスメディアは「驚くべき警告が発せられた」と報じています。

詳細はソース 2022/9/23
https://news.yahoo.co.jp/articles/efa84efef555b25f3662cf1e8f0229e7d86e5774

【プーチン大統領 「英国も攻撃ありえる」wwwwww】の続きを読む


第26回参議院議員通常選挙 (カテゴリ 書きかけある項目)
すべての選挙区に73人と、比例代表に9人合わせて82人が立候補。 立花党首は選挙区で立候補者は当選を目的としていないとし、政党要件を満たす票を獲得することで政党助成金交付を受け続けることを目的としている。 幸福実現(大川隆法総裁・釈量子党首) 選挙区に11人・比例区に1人計12人公認候補を擁立。 ごぼうの党奥野卓志代表)…
144キロバイト (9,662 語) - 2022年9月21日 (水) 07:30

   メイウェザーに花束投げ捨て ネット批判殺到、炎上「心底軽蔑」「世界中に恥」「謝罪しろ」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース



1 爆笑ゴリラ ★ :2022/09/25(日) 15:30:39.67ID:CAP_USER9
【RIZIN】「ごぼうの党」奥野卓志、メイウェザーに贈呈する花束を本人の前で投げ捨て炎上 「失礼すぎる」「これはダメだろ」と批判の声

  朝倉未来vsメイウェザー、試合前に“花束が放り捨てられる”異常事態に非難殺到 元世界王者への非礼に視聴者「胸糞悪かった」「謝罪したい気持ち」(1/2  ページ) - ねとらぼ  奥野卓志大炎上!メイウェザーに花束投げ捨てがクズ過ぎて日本の恥! | つれづれブログ
9/25(日) 14:55配信
スポニチアネックス

「ごぼうの党」代表、メイウェザーに贈呈する花束を本人の前で故意に落とし渡さず 会場&ネット騒然

◇超RIZIN フロイド・メイウェザーー朝倉未来(2022年9月25日 さいたまスーパーアリーナ)

総合格闘技イベント「超RIZIN」が25日にさいたまスーパーアリーナで開催された。

元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45=米国)への花束贈呈の場面で「ごぼうの党」の奥野卓志代表(48)が花束を渡さずリングに落とした。

この行為にSNSでは批判の声が殺到している。


メインイベント直前の花束贈呈のシーン。

朝倉未来(トライフォース赤坂)にはラッパー・Zeebraが渡したが、その直後に“騒動”が起きた。袴姿で現れた奥野代表だったが、花束を渡す素振りを見せるも、それをリング上に落とした。そのまま花束を渡さず、会場は一時騒然となったが、メイウェザーは動じることなく拾い上げ、セコンドに渡した。


 この行為にネット上では「失礼すぎる」「さすがにリスペクトが無さすぎじゃないか」「水差さないで欲しい」「礼儀を重んじろや」「花くらいちゃんと渡そうや」「これはやっちゃダメだろ」「朝倉未来選手にも失礼です」「ほんま何しに来たんって感じやな」「それは違うよ!ダメ絶対!!」と批判の声が殺到している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/67f4f4620a677c6af9280d07d183f26efd0da93e


格闘技イベント「超(スーパー)RIZIN」(25日、さいたまスーパーアリーナ)で行われた、ボクシング元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(45=米国)VS朝倉未来(30)のエキシビションマッチは、2ラウンド(R)終了時にメイウェザーのレフェリーストップ勝利に終わった。

一方、試合前のリングで物議を醸すハプニングがあった。


ごぼうの党・奥野代表の応援に駆けつけたピーター・アーツとボブ・サップ

試合前の花束贈呈で、羽織はかま姿にリングに上がった「ごぼうの党」の代表、奥野卓志氏が花束を持ってメイウェザーに近寄ったが、メイウェザーの前にドサッと投げ捨てたのだ。

これをメイウェザーはグローブではめた両手で拾い上げて、セコンドに手渡した。


メイウェザーは何事もなかったのような大人の態度だったが、この〝パフォーマンス〟がSNSで物議を醸した。

「失礼すぎる」「全世界の前でやるなよ」
「海外の人があれを見たらどうか…」
「日本人として恥ずかしい」
「メイウェザーを応援した人、増えたと思う」などと批判の声が上がっていた。

 
さらにボクシングの世界バンタム級3団体統一王者の井上尚弥(大橋)も自身のツイッターに

「エキシどうこうではなく捨てられた花束を拾ったメイウェザーがカッコよ過ぎた…。俺なら確実に拾わん。メイウェザーに謝罪したい気持ちになったのは俺だけじゃないはず、、」と投稿。

キレなかったメイウェザーの態度を称賛していた。

ごぼうの党代表•奥野卓志が花束投げ捨てで炎上!メイウェザーの対応が神すぎた!

https://news.yahoo.co.jp/articles/8e2ad7ec44135c93a76305c1a011244348abc585

動画
https://twitter.com/sportsbull_jp/status/1573922225769435136?s=46&t=v-GufOMpmX4CWVimIFBFLg
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

【「ごぼうの党」奥野卓志さん 全世界の前で堂々愚行「超(スーパー)RIZIN」裏でSNS論争勃発wwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ