2018年1月16日閲覧。  ^ 関西スポーツ賞 阿部詩、紀平ら6個人2団体に 47NEWS 2019年1月16日 阿部詩 - JudoInside.com (英語) 阿部詩 - 国際柔道連盟 (英語) 阿部 (@aaa001utan) - Twitter 阿部 (abe_uta) - Instagram
65キロバイト (8,229 語) - 2021年7月25日 (日) 10:09




(出典 www.nikkansports.com)


♯柔道♯阿部詩
♯動画(阿部詩)

⬛︎阿部詩 金メダル🥇
阿部詩が、涙の金メダル! 柔道史上初兄夢の兄妹金メダルへ 兄・一二三へバトン繋ぐ

阿部歌が金メダル!女子柔道52キロで初…
兄、一二三も決勝進出、悲願の兄妹同日金メダルも見えた。

集中力も高める阿部詩が、決勝戦でもフランス代表のヌ・ジュールに勝ちこの階級では日本人初となる金メダルを獲得した。






1 爆笑ゴリラ ★ :2021/07/25(日) 18:57:35.76

7/25(日) 18:56
配信
スポーツ報知
阿部詩が金メダル! 柔道女子52キロで初…兄・一二三も決勝進出、悲願の兄妹同日金メダル見えた
集中力を高める阿部詩(カメラ・相川 和寛)
◆東京五輪 柔道女子52キロ級決勝(25日、日本武道館)

 柔道女子52キロ級で阿部詩(うた、日体大)が金メダルを獲得した。初出場の阿部は初戦から順調に勝ち上がり、決勝ではアマンディーヌ・ブシャール(フランス)に勝ち、この階級では日本柔道初となる金メダルをもたらした。男子66キロ級の兄・一二三(パーク24)も決勝進出を果たしており、兄妹五輪同日金メダルが見えてきた。

 世界でその力を見せた詩。だが、決して順風満帆ではなかった。2016年8月、高1の全国高校総体で、優勝候補と言われながら1回戦でまさかの反則負け。「柔道人生で初めて一回戦負け」だった。詩は優勝候補に挙げられるほどの力はなかったという。「お兄ちゃんが凄いから、その妹ということで…」。その時、初めて試合をするのがイヤだと感じた。「今までやってきたことが全て間違いだったと思った」。そんな詩に、一二三が電話をかけてきて「こんな負けで落ち込むな。次に頑張ればいい。まだチャンスがあるんだから」などと励ましてくれた。当時、一二三はリオデジャネイロ五輪代表の座を逃しており、どん底の状態だった。そういう状況でも妹を思いやる兄の言葉だからこそ「すごい心に響きました。自分はつらいのに…。心の持ちようが180度くらい変わった」。それまでは確かに、おごりみたいなものもあった。しかし、以降は市大会でも全国大会でも、常に同じ気持ちを持って臨めるようになった。

 世界選手権連覇で世界に敵なしの勢いだった19年秋にも“落とし穴”があった。11月のGS大阪大会決勝で、この日決勝で対戦したブシャールの変則的な組み手に翻弄され、延長で敗れて2位。16年12月にシニアの国際大会でデビューして以来、海外勢に49試合目で喫した初めての黒星に「神様からの試練」と人目もはばからずに号泣した。それからの3か月は決勝の映像を何度も見返す毎日だった。「一人でどこかに身を置いてやるのが一番強くなれる」と出稽古を重ね、しっかりと襟と袖を持つ基本の形を見直したという。

 昨年12月、一二三の五輪代表決定戦を両親と会場で見届けた。「今までで一番緊張しました。途中は見たくなくて目をつぶったり、下向いてる間に決まらないかなって願ったり…。試合中は全身震えが止まらなかった」。だが、兄は丸山城志郎(ミキハウス)との24分にわたる死闘を制した。「決まった瞬間、いろんな感情がバッと出てきて、結構泣いていた」という。「先を行っていた兄の背中をずっと追いかけてきたので、まさか私の方が先に五輪代表に決まることは考えてもいなかった。ずっと不思議な感情で、私が決まった時も素直に喜べなかった」という詩。晴れて兄妹が五輪初出場を決めたが、日本初の兄妹同日出場の“オマケ”付き。詩は夏空のように、すっきりと晴れやかな気持ちで日本武道館の畳で躍動した。

 ◆阿部 詩(あべ・うた)2000年7月14日、神戸市生まれ。21歳。5歳で柔道を始め、兵庫・夙川学院中、高から日体大に進学。17年GPデュッセルドルフで、ワールドツアー史上最年少16歳で優勝。同年GS東京、世界ジュニア選手権、18年GSパリ、GS大阪優勝。20年GSデュッセルドルフ優勝。21年GSタシケント、GSカザン優勝。世界選手権は18年から2連覇。得意技は内股、袖釣り込み腰。159センチ。家族は両親と兄2人。

https://news.yahoo.co.jp/articles/be4abfb6aaafef7d2d355cfb757497cd31539c7d