奥深いw

NO.9692768
“花びら大回転”を生んだあの風俗が東京五輪で絶滅の危機「風俗嫌い」ノンキャリ女性警察署長が“トドメの一撃”
“花びら大回転”を生んだあの風俗が東京五輪で絶滅の危機「風俗嫌い」ノンキャリ女性警察署長が“トドメの一撃”
《五輪で異例の摘発》「脱いでいるところが見えますよね」 年商3億近い人気風俗に“史上初の公然わいせつ罪”適用 から続く

 ピンクサロン、通称ピンサロは、キャバクラなどと同様に「店員の接待が可能な飲食店」で、男性客と女性店員が“自由恋愛”をする場というのが建前の店だ。しかし実態はソープランドなどよりも安価な風俗店であり、全国の繁華街に存在している。

 今年5月に上野のピンサロ店「マジックバナナ」が摘発されるまで、警視庁がピンサロ店に公然わいせつ罪を適用したことは一度もなかった。(全2回の2回め/ 前編 を読む)

 この異例の摘発には、とある人物が関係していると言われている。全国紙社会部記者が明かす。

「今年2月に、上野警察署のトップに鈴木佳枝署長が就任しました。鈴木署長は警視庁のノンキャリで初の女性警視正となった有能な人ですが『風俗嫌い』で有名なんです。彼女が署長に就任してから、いわゆる"ヌキ"ありの性的なサービスを提供していた外国人マッサージ店の摘発などが管轄エリアで続いています。風俗店の経営者からも恐れられていますが、今回はピンサロがやり玉に上がったということでしょう」

■オリンピックやサミットがあると風俗が取り締まられる
 加えて、7月23日に開会した東京オリンピックも摘発を後押しした。これまでも、オリンピックや万博、サミットなどの国際的なイベントがあるたびに日本の警察は風俗店の取締りを強化してきた経緯があるという。

 風俗情報誌「俺の旅」編集長の生駒明氏が解説する。

「2005年の横浜開港150周年のときには、横浜市内にあ..
【日時】2021年07月25日 17:12
【ソース】文春オンライン




#33 [匿名さん] :2021/07/25 19:59

>>0
キンタマメダリスト 瀬戸大也 も摘発しなきゃいかんだろ!!
歩くマシンガン*は、兇器!!


#34 [匿名さん] :2021/07/25 20:00

>>33
泳ぐ*マン!!


#7 [匿名さん] :2021/07/25 19:25

ふざけんなよ!テメーは行かないし、働くことないからってよ。職業差別もいいところだぞ!?


#11 [匿名さん] :2021/07/25 19:36

>>7が*であり、*であり、犯罪者の遺伝子を持つ人擬きである事は理解している。


#13 [匿名さん] :2021/07/25 19:42

>>11
署長はこんなとこで張り込みか?笑


#9 [匿名さん] :2021/07/25 19:26

なんだよ?花びら大回転て⸜🌷︎⸝‍


#10 [匿名さん] :2021/07/25 19:36

>>9
元記事を最後まで読みなさい。


#20 [匿名さん] :2021/07/25 19:44

ビラ大回転


#21 [匿名さん] :2021/07/25 19:48

>>20は能力の低さと低脳を自覚してコツコツやらなきゃいつまでたっても無職
でも場当たり感情の下等爆砕民にゃあ無理な相談


#37 [匿名さん] :2021/07/25 20:13

>>21
脳の発育が悪いのかな?低脳ではなく低能だよ?僕ちゃん


#25 [匿名さん] :2021/07/25 19:55

ペロペロ


#27 [匿名さん] :2021/07/25 19:56

>>25
ペロンチョ


#35 [匿名さん] :2021/07/25 20:12

ゴミコップだな
マジ爆死していいよ
生きてる価値ないし


#39 [匿名さん] :2021/07/25 20:17

>>35
それお前。お前の存在価値すらないし目障り。