NO.9720654
日本が韓国破り決勝進出!銀以上決めた 8回、山田哲人の走者一掃打で勝ち越す【東京五輪野球】
日本が韓国破り決勝進出!銀以上決めた 8回、山田哲人の走者一掃打で勝ち越す【東京五輪野球】
日本は同点の8回2死満塁で、山田哲人内野手(29)が決勝となる走者一掃の3点二塁打を放って勝利を収めた。1次リーグから無傷の4連勝で、7日の決勝進出を決め、銀メダル以上が確定。3位だった2004年アテネ五輪以来のメダル獲得となった。

8回2死一塁から申告敬遠と四球で満塁とし、山田が打席へ。韓国4番手・高祐錫(コ・ウソク)の初球の低めのストレートを捉え、左中間へ。フェンス直撃のあと少しで本塁打という当たりで勝ち越した。

先発・山本由伸投手(22)は6回1死まで9奪三振、2失点。2―0の6回に大会12イニング目で初失点を許したが、最低限ゲームをつくった。伊藤大海投手(23)が同点の7回から2イニング無失点と流れを呼び込んだ。

【日時】2021年08月04日 22:30
【ソース】中日スポーツ