NO.9929578
イカゲーム 臓器摘出場面で中国の人権問題が浮上…国連も注目 中国人権問題
イカゲーム 臓器摘出場面で中国の人権問題が浮上…国連も注目 中国人権問題
Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ『イカゲーム』の人気とともに、中国収容所内の強制臓器摘出問題が水面上に浮上したという報道が出てきた。ドラマで虚構として登場した臓器摘出および密売場面が中国の人権問題に触れたという評価だ。

16日(現地時間)、英国デイリー・メールは国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)の6月の報告書を引用して「『イカゲーム』に登場した臓器摘出密売場面が中国では実際に起きている」と報じた。

『イカゲーム』は賞金456億ウォン(約44億円)がかかったサバイバルゲームに命を賭けて参加した人々の話を描いている。劇中、ゲーム脱落者は直ちに射殺されるが、ゲーム進行要員は死体から臓器を摘出して密売業者に売る。デイリー・メールはこの場面が「中国で非常に現実的なこと」と伝えた。

これまで世界人権団体は中国共産党が毎年10万人の反体制者および政治犯収容者から同意なく臓器を摘出して密売する大規模組織を運営していると主張してきた。

6月にOHCHRが発表した報告書もその一つだ。この機構に所属する人権専門家9人は1年間の目撃者証言を調査した結果、中国共産党が法輪功信者やウイグル族・イスラム教徒など少数民族拘禁者の臓器を強制的に摘出しているという情報を入手したと明らかにした。

【日時】2021年10月19日 8:06
【ソース】中央日報

【関連掲示板】