ダーウィン賞(ダーウィンしょう、英: Darwin Awards)は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名づけられた皮肉「名誉」であり、愚かな行為により死亡する、もしくは生殖能力を無くすことによって自ら「劣った遺伝子を抹消」し、「人類進化に貢献した」人物に贈られる賞である。なお、優
29キロバイト (1,709 語) - 2022年5月17日 (火) 07:57
2月12日 チャールズ・ダーウィン誕生(1809年)(ブルーバックス編集部) | ブルーバックス | 講談社  ダーウィンのアイスバーグ考察 | | MS100リーダーズweb
著名な自然哲学者エラズマス・ダーウィンの孫として生まれたチャールズは、医学と神学を学ぶかたわら博物学にも興味を持つマルチタレントな学生でした。
図解】ダーウィンの進化論 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
【7月 1日 ダーウィンが進化論を発表(1858年)】

1859年にダーウィンは自らの説を『種の起源』という本にまとめて刊行しましたが、聖書を基盤とする創造論的な価値観を持つ人々からは受け入れがたいものでした。

 【11月24日 『種の起源』を出版(1859年)】

『種の起源』は「けしからん、人間はサルから進化したというのか」と西洋中に批判まじりのセンセーションを巻き起こしました。
21年前に消えたダーウィンの「進化論」に関するノートが、匿名で返還される (2022年4月7日) - エキサイトニュース
2020.進化論にまつわるスケッチ含むダーウィンのノート、盗難の可能性 英国
 英国の自然科学者チャールズ・ダーウィンがかつて所有し、「進化論」に関連するスケッチなどを書き留めたノート2冊について、英ケンブリッジ大学図書館は24日、「盗難に遭った公算が大きい」と明らかにした。ノートは20年間紛失した状態にあり、その価値は数億円に上るとみられている。
2冊のノートのうちの1冊には、ダーウィンによる「生命の樹」のスケッチが描かれている。図書館は声明でこれらのノートについて、2000年9月、写真撮影のため希少かつ高価値な収蔵品を保管する金庫室から持ち出されたと述べた。
同年11月に撮影されたとの記録があるものの、翌年1月に定期点検を行ったところ、ノートを入れた小さな箱があるべき場所に戻されていないことが分かったという。

しかしノートの所在を「徹底的に」調べたところ、もはや館内には存在しないと考えられることが分かった。大学側は、盗まれた可能性が高いとしていた。


  著書「種の起源」で生物の進化について論じた英国の自然科学者チャールズ・ダーウィン/From Herbert Rose Barraud/University of Cambridge
著書「種の起源」で生物の進化について論じた英国の自然科学者チャールズ・ダーウィン/From Herbert Rose Barraud/University of Cambridge  


   なくなったものと同型のノートと収納箱/Cambridge University Library
なくなったものと同型のノートと収納箱/Cambridge University Library  

ダーウィンが「進化論」に関するアイデアを記したノートが図書館から消える、盗難の可能性も - GIGAZINE

消えたダーウィンの「進化論」ノート、匿名で返還 英ケンブリッジ大
【4月6日 AFP】英ケンブリッジ大学(Cambridge University)図書館は5日、21年間行方不明になっていた自然科学者チャールズ・ダーウィン(Charles Darwin)のノート2冊が、匿名で返還されたと発表した。ノートには、「進化論」に関する先駆的な概念や、有名な「生命の樹」のスケッチが書き留められている。
  ダーウィンの「進化論」ノート消える、盗難か 英ケンブリッジ大 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News
図書館によると、贈答用の紙袋に入ったノートが今年3月上旬、館内の床に置いてあるのが見つかった。ノートはラップで包まれるなどし、保存状態は良好という。同じ袋に入っていた茶封筒には、館員に宛てて「ハッピー・イースター X」と記されていた。







【話題】進化論の礎・ダーウィンのノート、20年ぶり見つかる…図書館の床に置かれたピンクの袋の中から

進化論の礎・ダーウィンのノート、20年ぶり見つかる…図書館の床に置かれたピンクの袋の中から : 読売新聞オンライン  ダーウィン「進化論」ノートが...盗難? 紛失? 英・ケンブリッジ大学 - YouTube
1 すらいむ ★ :2022/05/17(火) 20:13:15.80

進化論の礎・ダーウィンのノート、20年ぶり見つかる…図書館の床に置かれたピンクの袋の中から

 【ワシントン=冨山優介】20年以上行方不明になっていた英国の自然科学者チャールズ・ダーウィン(1809~82年)のノート2冊が発見されたと、所蔵する英ケンブリッジ大図書館が発表した。
 進化論の礎となる考えを書き留めた貴重なもので、数億円の価値があるとも言われる。
 図書館からいつ誰が持ち出したのかはわかっておらず、地元警察が捜査を続けている。

(以下略、続きはソースでご確認ください)

読売新聞オンライン 2022/05/16 10:46
https://www.yomiuri.co.jp/world/20220516-OYT1T50091/