秋になって空気も乾燥してきましたね。乾燥する時期に美肌を保つためには質の良い睡眠が欠かせません。

寝不足の状態が続くと自律神経が乱れてしまい、肌の健康を維持できなくなるとご存じでしょうか。


【関連記事】「こむら返り」は体からの危険信号



(出典 res.cloudinary.com)


肌と睡眠
睡眠の質が悪くなると肌にも影響が出ると言われています。

肌のくすみやトラブルに悩む人には良質な睡眠をとれていない人が多いです。

睡眠不足だけでなく、寝つきの悪さ、眠りの浅さ、朝の目覚めの悪さなどが肌の美しさや弾力を失わせている可能性があります。

睡眠時間によって男性ホルモンの分泌量が変化する!?
人間の平均睡眠時間は6~7時間程度だといわれています。

しかし、それよりも短い時間しか睡眠時間を確保していない人も多いのではないでしょうか。

一見、ただ眠くなるだけだから問題ないと思われがちですが、実は身体の内側で変化が起きています。特に大きな影響となるのが、自律神経の乱れによる「男性ホルモン」の過剰分泌です。

男性ホルモンとは、男性だけでなく女性にも含まれるホルモンのことであり、男性ホルモンが過剰分泌されてしまうと、毛穴は角栓(皮脂の塊)で詰まってニキビができやすくなります。一度ニキビができやすい肌環境ができあがると、そう簡単には改善しません。

もし肌荒れを改善したいのなら、男性ホルモンの過剰分泌を断ち切る必要があると覚えておきましょう。

睡眠と肌荒れの関係

長く眠るだけでは肌荒れを回避できない
寝不足睡眠不足が原因だというのなら、長く眠れば解決できるのでは?」と考える方も多いでしょう。確かに、適正な睡眠時間を確保できれば、男性ホルモンの過剰分泌を抑制できます。

しかし、ただ長く寝るだけでは、肌荒れを改善できません。

なぜなら、肌の新陳代謝が高まるのが眠ってから3~4時間の間だからです。

このシンデレラタイムとよばれる入眠後3~4時間に良質な睡眠をとっていることが大切です。

この時間にノンレム睡眠という深い眠りにつけていると、成長ホルモンがしっかりと分泌されます。深い眠りに入れるよう、寝つきをよくしましょう。

長時間眠ったとしても、途中から肌の新陳代謝が低下してしまいます。肌荒れ予防を行いたいなら、睡眠時間も大切ですが、それ以上に睡眠の質にこだわることが重要だと覚えておきましょう。

肌荒れを解消するためには、よい睡眠習慣を身につけて表皮・角質のターンオーバーの周期を約28~42日に保たなければなりません。

質の良い睡眠をとるために
メラトニンをしっかり分泌させるという観点から、睡眠がお肌にもたらす影響が浮き彫りになりましたが、より質の高い睡眠を得るには、寝具や寝間着の見直しも効果的です。

特に重要なのが、自分に合った枕を選ぶことです。

後頭部・首・肩をバランスよく支えてくれる枕に出合えると寝つきも眠りの深さも変わってくるため、オーダーメイドがおすすめです。また、部屋着で眠ることはせず、パジャマ着替えることも大切。就寝前にパジャマ着替えるという行為そのものが『眠りの時間になる』という意識の切り替えにつながります。

おすすめする寝間着は、夏ならゆとりあるシルエットの綿素材、冬ならフランネル素材。生まれつきお肌の弱い人だけでなく、お肌のバリア機能が低下しているときには、皮膚と寝間着の摩擦が肌荒れを引き起こすこともあるため、綿やフランネルのように通気性が高く、肌触りの優しい素材を選ぶことがポイントです。


[文:meilong スタッフ]


「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://www.meilong.jp/」


※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。


meilong 院長・石川美絵(いしかわ・みえ)

石川美絵

大学では栄養学を学びテレビ局、IT企業、広告代理店などに勤務し、20代後半時の大きな人生の挫折から東洋医学の世界に出会う。鍼灸と漢方の奥深さに魅かれ鍼灸学校に入学し国家資格鍼灸師免許を取得。学生時代は40院の経営兼柔道整復師・鍼灸あん摩指圧マッサージ師でもある先生のアシスタントをし、国家資格取得後、北京中医薬大学卒でもある鍼灸30年の先生から技術を取得する。さらに美容鍼灸のパイオニアに師事し、世界で活躍する日本鍼灸の技術に刺激され研究を重ねる。さらに200件以上の治療院・クリニック・スパ・エステなどを周る。ホテル椿山荘の鍼灸治療施設「KENBITOKYO」、「東方健美」へ勤務した後、2014年、四谷に紹介制治療院Meilongを開業。

世に鍼灸を広めたく2015年meilong恵比寿院をオープンし、続けて2017年meilong恵比寿mana院をオープン2019年meilong銀座院もオープン

千葉大学医学部附属病院の和漢診療科での研修、漢方医、各専門分野の医師との連携もし日々、情報交換、学会への参加も努めている。また自分自身が不妊治療をし鍼灸と漢方も併用し子を授かったが途中、死産分娩を経験している事、さらに不育症からの妊娠を維持する為の体験、知識もあり不妊治療にも寄り添いたいという想いも強い。世の頑張っている女性の一番の味方でありたいと思っている。





こちらもおすすめ

睡眠こそ最強の解決策である
マシュー・ウォーカー
SBクリエイティブ
2018-05-19




働く50代の快眠法則
角谷 リョウ
フォレスト出版
2023-06-21



(出典 news.nicovideo.jp)




  
<このニュースへのネットの反応>