*記事内に広告が含まれています

米やパン、麺類などの主食、菓子類やジュース類などを食べ過ぎている傾向がある方は、糖質量を少し控えめにすると、ダイエット効果が期待できます。また食べ過ぎてしまった翌日のリセットとして、糖質量が少ない食べ物を選ぶことも体重コントロールに役立ちます。今回は糖質量を控えたいときにおすすめの食べ物をご紹介します。


【関連記事】ラーメン年間600杯ライターが推薦する健康法&遠くても行きたいラーメン店BEST3




糖質を控えたいときに選ぶべき食べ物

主食編

主食は大切なエネルギー源のひとつではありますが、食べ過ぎはカロリーオーバーの原因になります。極端に食べ過ぎている場合は、量を見直すことも大切です。

食べ過ぎリセットのためなどに、通常の米やパンなどの主食より糖質が控えられているものや、糖質の吸収を抑える食物繊維を含む主食を選ぶのも良いでしょう。


【おすすめの食べ物

ブラン(小麦ふすま)パン、オートミール、玄米、雑穀米、糖質カット麺など



主菜編

主食や野菜類などに比べると、肉・魚・卵・大豆製品などは糖質量が少ないため、糖質の摂りすぎを心配する必要は少ないでしょう。だからと言って食べ過ぎると、脂質やタンパク質の摂り過ぎにつながるので、極端な食べ過ぎはNGです。

また肉や魚だけでなく、卵や大豆製品もバランスよく取り入れるようにしましょう。

【おすすめの食べ物
大豆、豆腐、納豆、卵、魚類、タコやイカなどの魚介類、鶏むね肉や豚もも肉などの肉類

副菜編

じゃがいもさつまいもなどの芋類より、葉物野菜・もやしきのこ類・海藻類を選ぶと糖質の摂取量を少なくすることができます。

またこんにゃくしらたきなども同様におすすめです。

食事の「かさまし」効果にもなるため、これらの食材をたっぷりと取り入れた食事を心がけましょう。

【おすすめの食べ物
レタスキャベツ・チンゲン菜・水菜・白菜・ほうれん草もやしきのこ類・海藻類

調味料

調味料の選び方や使い方を工夫することで糖質やカロリーカットに役立ちます。

砂糖・みりん・すし酢・白味噌・ケチャップのように甘みのある調味料はなるべく控えめにしましょう。

調味料からの糖質摂取量を減らすコツは、薄味にしてだしのうま味を効かせたり、オリーブオイルごま油かんきつ類を使ったりして風味付けをすることです。素材がもつ味わいを楽しむようにしてみましょう。

【おすすめの食材】
カレー粉やこしょうなどのスパイス、しょうがやにんにくなどの香味野菜、レモンすだちなどの柑橘類

糖質は適量であればカラダや脳の大切なエネルギー源となり、私たちに欠かせない栄養素です。食べ過ぎに注意し、ときには今回紹介した食べ物を活用しながら、上手にカロリーコントロールしましょう。

【参考・参照】
文部科学省 日本食品標準成分表2020年版(八訂)


食べ過ぎリセットやカロリーコントロールに!糖質を控えたいときに選ぶべき食べ物ガイド

「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート(www.asken.jp)」


[文:あすけん 管理栄養士 公開日:2022年5月12日]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。



「あすけんダイエット – 栄養士が無料であなたのダイエットをサポート」

あすけん

ダイエットや健康管理に必要な、食事記録・カロリー計算・体重管理・運動記録などがまとめてできる無料アプリ『あすけん』。
食事写真や商品バーコードを “撮るだけ” で簡単にカロリー計算ができ、AI栄養士からあなただけの食事アドバイスが毎日届くので、日々の栄養バランスの改善に役立ちます。

アプリダウンロードこちらから!
Twitter
Instagram
Webサイト



こちらもおすすめ








【電子特典付】 人生が変わる 血糖値コントロール大全
ジェシー・インチャウスペ
かんき出版
2022-10-19




(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 freeb-fis.co.jp)



<このニュースへのネットの反応>