働く人は、どんな課題や悩みを抱えているのか。

HQ(東京都新宿区)が調査結果を発表し、
1位は「余暇や娯楽にかけられる可処分所得が少ないこと」(20.6%)だった。
2位以下は「自身の健康や体力的な問題」(17.8%)、
「プライベートの時間が少ないこと」(17.5%)が続いた。

【ランキング結果】働く人が困っていること

HQが「2024年度版 ワーカーペインと福利厚生利用実態に関する市場調査」(出所:写真AC)


ライフステージ別に、最も困っていることを見ると、未就学児を育てている人は「子育てなどの家庭内での負担」(33.5%)、小学生を育てている人は「余暇や娯楽にかけられる可処分所得が少ないこと」(21.4%)の割合が最も高かった。


中学生を育てている人では「活躍するためのスキルや知識が乏しいこと」
「余暇や娯楽にかけられる可処分所得が少ないこと」(各19.5%)、
高校生以上を育てている人では「余暇や娯楽にかけられる可処分所得が少ないこと」(25.6%)、
子どもがいない人は「プライベートの時間が少ないこと」(23.2%)が最多だった。

福利厚生のカテゴリーごとに活用状況を調査したところ、大手カフェテリアプランの利用者では、大手カフェテリアプラン以外の福利厚生サービスの利用者と比較して「エンタメ」「旅行」「食事」「財形」の利用率が平均して20%近く高い結果となった。

大手カフェテリアプラン以外の福利厚生サービスを利用している人では「自己啓発」「育児」「介護」の項目が大手カフェテリアプラン利用者の利用率を上回った。

3月1~4日にインターネットで調査した。対象は、正社員で企業の福利厚生サービスを認知している22~59歳の男女、有効回答数は1320件。




こちらもおすすめ




(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 workin.jp)



<このニュースへのネットの反応>