本記事は広告を含んでいます

女性が体重よりも体脂肪に気を付けるべき簡単な理由



「痩せた?」「少し太った?」女性にとって、『ダイエット』は1年中話題に上る関心事です。「2キロ、太った」「3キロ、痩せた」などちょっとした体重の増減に一喜一憂する女性も少なくありません。

でも、ちょっと待ってください。実は体重よりも女性の美と健康をリアルに表すものがあるのです。それが体脂肪率。体脂肪率とは、体重の中の脂肪の割合を算出したものです。ここでは、女性の体脂肪率についての情報をお伝えします。




(出典 www.asahicom.jp)


【関連記事】10キロ痩せたい!1か月でダイエットを成功させるおすすめ方法4選


BMI指数では分からない?健康面で体脂肪が体重より重要な理由

BMI指数とは、体重と身長から肥満度を割り出したものです。

BMI指数=体重÷身長÷身長

22が平均で25以上が肥満となります。

美容を気にする女性ならば20、モデル体型なら18と言われています。BMI指数の方を気にする方が多いですが、美容と健康のためには、身体の中の脂肪の割合である体脂肪率にも注目すべきです。

脂肪は、筋肉と違ってどこから落とすか、どこを増やすかのコントロールが難しいです。その上、「かくれ肥満」なるものが現れることがあります。

これは、一見痩せていても(BMI指数が25以下でも)体脂肪が多い場合を指します。

「かくれ肥満」は運動をせず、食べ物をかなり減らすというダイエットした人が陥りやすく、その後リバウンドでもしようものなら、筋肉が減っている状態で脂肪がついてしまい、ますます痩せにくくなります。さらに生活習慣病にもなりやすくなる、なんて懸念も。

健康的に痩せ、リバウンドのリスクも避けたいならば、やはり、専門家のアドバイスを元に運動で筋肉をつけ、食事管理で余分な脂肪を減らすという、バランスの取れたダイエットを行うのが1番身体に良いと言えます。


体重が少し重くても男性は魅力を感じる!?その秘密は7対10の脂肪の黄金比率

次は、美容面から体重と体脂肪率の関係を見ていきましょう。例えば身長から100を引いた数字を体重に置き換えた場合、それ以上だと「自分が太っている」と感じる女性がほとんどです。

一説によると、ちょっと太めの女性でもウェストとヒップの比率が7対10だと、男性の目からは非常に魅力的なスタイルに映るらしいんです!

具体的な人物名を挙げると、オードリー・ヘプバーンマリリン・モンローなどは7体10の体型だと言われてます。

彼女たちは歴史に名を残している女優達。やっぱり、ウェストとヒップが7対10だと男性は素敵だと思うのです!

ウェストやヒップに付いているお肉は脂肪です。

このことからも、脂肪は女性の美に大きな影響を与えていることが分かると思います。そして、脂肪を上手にコントロールできればもっと魅力的になれる、ということですね。


では女性の理想の体脂肪率は?日本人女性の平均体脂肪率は?



体脂肪率=体脂肪の重さ÷体重×100

この計算式では体脂肪の重さが分からないと算出できませんので、多少の誤差はありますが家庭用の体脂肪計を使って量ることができます。

日本人女性の理想の体脂肪率は、20パーセントから28パーセントと言われています。年齢によって違ってきますが、おおむねこの範囲です。

では、周りの人たちの体脂肪率はどれくらいなのでしょう?

気になりますね。成人した日本人女性の平均体脂肪率は、25パーセント前後です。

さて、あなたの体脂肪率はいかに?

女性は体重よりも体脂肪に目を向けよう!

痩せていても身体が脂肪だらけでは健康にも悪いですし、歳を取るとスタイルを維持するのは難しいですよね。

ダイエットするのならば、専門家の元での食事管理とトレーニングがオススメです。体重だけではなく体脂肪率にも目を向けて、バランスよくダイエットしてくださいね!




[文:HOWZAP 【ハウザップ】 ライザップが運営するボディメイク情報マガジン)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。





こちらもおすすめ






(出典 news.nicovideo.jp)





<このニュースへのネットの反応>