ウクライナ情勢



CNN.co.jp : ウクライナの15歳少女、負傷者乗せ脱出 発砲でけがも運転続行
負傷していた男性2人を助けたかったと証言。車の中にはほかの住民2人もいた。
彼女はひざと足に銃弾を受けていた。



ウクライナの15歳少女、負傷者乗せ戦場を脱出 発砲でけがも運転続行
足を銃撃されてもハンドル放さず…15歳のウクライナ少女、住民4人を救出 - ライブドアニュース

1 oops ★ :2022/05/12(木) 20:04:16.64

(CNN) 侵攻したロシア軍が完全制圧を目指しているとされるウクライナ東部ルハンスク州の戦闘の最前線でもあるポパスナ町で、15歳少女が負傷した複数の住民らを乗せた車を自ら運転して激しい砲火の中を突っ走り、安全地帯への逃避に成功する一幕がこのほどあった。

退避の途中に車が撃たれた際、少女も脚部にけがを負ったが、運転を続けたという。車は戦場だけでなく、地雷が仕掛けられた地帯や遺体が放置されていた路上も突破。決*逃走劇は町がロシア軍の手に落ちる瀬戸際で試みていた。

少女のファーストネームはアナスタシアさん。

CNNは未成年者のためフルネームの公表を控えることを決めたが、彼女を知る教師の1人がその身元を確認した。

アナスタシアさんの一行はポパスナ町からの脱出を図る最後の住民グループとなっていた。町内の大部分は数週間にわたる戦闘で破壊される被害を受けていた。

ウクライナ西部リビウの病院による聴取に応じたアナスタシアさんは、負傷していた男性2人を助けたかったと証言。車の中にはほかの住民2人もいた。

自ら運転せざるを得なかったとし、ロシア軍の砲撃があり、ロシアの航空機も飛来する田園地帯を走り、約20マイル(約32キロ)離れたバフムートへ向かったと振り返った。

車の運転は亡くなった母親に教えてもらっていたという。ただ、地獄絵図のような状況が広がるポパスナ町からの脱出の準備など出来る余裕もなかった。

地雷が碁盤の目の形状で埋設されていた場所ではなすすべもなく途方に暮れもしたが、どうにか走り抜けていた。

車が発砲を受けたのは通りを右折した時だった。

アナスタシアさんの脚部に当たり、車も止まった。その後にも銃撃があり、自分に出来ることは何もないと思いながらも車を再度動かし、走行を再開した。

ただ、短い距離をおぼつかない状態で走り続けた後、また止まった。バッテリーに銃弾が命中していたためだったという。

アナスタシアさんたちはこの後、出会ったウクライナ軍の兵士に助けてもらい、バフムートの病院へ送ってもらっていた。

彼女はひざと足に銃弾を受けていた。

2022.05.12 Thu posted at 19:15 JST
https://www.cnn.co.jp/world/35187409.html


■関連:cnn.comソース(本人へのインタビュー動画)
Ukrainian teen drives injured men through battlefield despite leg wounds
https://edition.cnn.com/videos/world/2022/05/09/ukrainian-teenager-saves-injured-men-pkg-soares-newday-vpx.cnn


【ウクライナの15歳少女、負傷者乗せ戦場を脱出 発砲でけがも運転続行 】の続きを読む


人の乗っていない、あるいは乗ることができない航空機を無人航空機という。広義にはラジコン飛行機、ラジコンヘリコプター等も含まれるが、航空分野で特に「無人機」と呼ぶものは、有人機と同程度ないし準ずる程度の規模の機体のものを指すことも多い。いくつかの種類は「ドローン」とも呼ばれる。
12キロバイト (1,813 語) - 2022年1月24日 (月) 04:21
戦勝記念日を前に攻防激化 ロシア、東部2州で集中的砲撃:東京新聞 TOKYO Web
戦勝記念日を前に攻防激化 ロシア、東部2州で集中的砲撃

マリウポリ製鉄所 市民数百人避難できず ウクライナ側“停戦期間中も攻撃あった”(FNNプライムオンライン) - goo ニュース
マリウポリ ロシア側の“停戦期限”切れ 製鉄所の市民数百人避難できず
赤の広場」で総合リハーサル ロシア戦勝記念日パレード|信濃毎日新聞デジタル

「赤の広場」で総合リハーサル ロシア戦勝記念日パレード

無人航空機 - Wikipediahttps://ja.wikipedia.org › wiki › 無人航空機
無人航空機 ( むじんこうくうき 、 ( 英: unmanned aerial vehicle、UAV)は、人が搭乗しない(無人機である)航空機のこと。 DJI社製のホビー用マルチコプター。
‎MQ-9 リーパー · ‎RQ-4 · ‎RQ-170 (航空機) · ‎遠隔操縦観測システム

ロシア軍の偵察用ドローンに搭載された日本製カメラ 市販の製品が「軍事用」として使われる理由(1/4)〈dot.〉 | AERA dot.  (アエラドット)ロシア軍ドローン 分解したら…カメラは「日本製」(テレビ朝日系(ANN)) - Yahoo!ニュース

ロシア軍の偵察用ドローンに搭載された日本製カメラ 市販の製品が「軍事用」として使われる

【国際】無人機でロシア揚陸艇破壊 ウクライナ国防省
無人機でロシア揚陸艇破壊 ウクライナ国防省
1 凜 ★ :2022/05/08(日) 02:34:47.52


■共同通信(2022/5/7 23:08)

 ウクライナ国防省は7日、南部オデッサ沖の黒海にある島で、トルコ製攻撃型無人機バイラクタルTB2を使ってロシア黒海艦隊の揚陸艇を破壊したとツイッターで明らかにした。

 破壊する瞬間の映像も公開した。ロシアが対ドイツ戦勝を祝う「5月9日のパレードが今年は黒海の海底で行われるだろう」と投稿した。(共同)

https://nordot.app/895669241856458752


【【お...】無人機 ロシア揚陸艇破壊したぞ!!!!!! 】の続きを読む



ウクライナ東部、戦況が膠着 ロシア軍の包囲作戦に遅れ | 岩手日報 IWATE NIPPO ロシアのウクライナ侵攻 最新情報 - Yahoo!ニュース
ウクライナ東部、戦況が膠着 ロシア軍の包囲作戦に遅れ





 都市部膠着(こうちゃく)、戦略転換か ロシア、東部注力を表明 ウクライナ侵攻 |国際|全国のニュース|富山新聞
都市部膠着(こうちゃく)、戦略転換か  ロシア、東部注力を表明 ウクライナ侵攻 

■主力部隊「BTG」に潜む…“致命的な欠陥”
ロシア軍制服組のトップであるゲラシモフ参謀総長が、ハリコフ州のイジュームに入るなど、異例のテコ入れぶりを見せているウクライナ東部の攻防。しかし、ロシア軍はここでも苦戦を強いられていると伝えられる。その理由の1つは、侵攻の主力部隊「大隊戦術群=BTG」にある致命的な欠点だと、元陸上自衛隊東部方面隊のトップ・渡部氏は指摘する。
■「長引けば長引くほどウクライナが有利になる」
オランダの軍事情報サイト「oryx」が5月2日に発表した数字によると、ロシア軍の兵器の損失は3321、ウクライナ軍は957。これはミサイルや車両、戦車などを区別せずに損失を「1」と数えた数字の総数だ。また、ウクライナ軍によるとロシア軍の死者数については2万3500人、喪失した戦車は1026台に上る(1日発表)という。
一方、ウクライナの戦死者については、ロシア国防省が2万3367人と発表。戦車の被害は145両(oryx)だというが、いずれもロシアの被害が大きい。

主要ニュース





【反攻】ウクライナ反撃「大きな弧」に…東部5集落を奪還と発表
ウクライナ東部、戦況が膠着 ロシア軍の包囲作戦に遅れ | 岩手日報 IWATE NIPPO  ロシアのウクライナ侵攻 最新情報 - Yahoo!ニュース


1 ごまカンパチ ★ :2022/05/08(日) 01:10:58.88

https://www.yomiuri.co.jp/world/20220507-OYT1T50198/
ウクライナ軍参謀本部は6日、東部ハルキウ(ハリコフ)の郊外で五つの集落をロシア軍から奪還したと発表した。

米政策研究機関「戦争研究所」は、ウクライナ軍がハルキウで「局所的ではなく、より広範な反撃に転じている」と分析した。
露軍も米欧からの武器供与ルートを狙った攻撃を強めており、東部での攻防が激しくなっている。

ウクライナ軍の制服組トップは5日、SNSで、ハルキウなどで「反撃作戦への移行」を表明していた。

戦争研究所は、ハルキウ周辺でのウクライナの抗戦が「大きな弧に沿ったものとなり、これまでより規模が大きくなっている」とも指摘した。
ウクライナ大統領府のオレクシイ・アレスト*顧問は6日、ドネツク州の北部一帯での戦闘に露軍が「最も力を集中させている」と指摘し、
ウクライナ軍の抗戦により露軍の進軍を防いでいると強調した。

一方、露国防省は7日、東部で弾薬庫や米欧の武器を破壊したと発表した。米欧からウクライナへの武器供与ルートへの攻撃を強めている。
ウクライナ国営通信によると、7日には、南部オデーサ(オデッサ)にミサイル6発が撃ち込まれた。

また、モスクワの「赤の広場」では7日、旧ソ連による対独戦勝記念日の9日に実施される軍事パレードに向け、本番さながらの予行演習が行われた。
タス通信は、パレードには、ウクライナに派遣された 空挺くうてい 部隊も参加すると伝えた。
9日に「戦果」を誇示するため、攻撃を激化させるとの見方が強まっている。

米政府は6日、ウクライナに対し、1億5000万ドル(約195億円)の追加軍事支援を行うと発表した。
バイデン大統領は声明で「ウクライナが次の戦局で成功を収めるため、武器・弾薬の供給を絶え間なく続ける」と表明した。
米国は、射程の長い 榴弾りゅうだん 砲の砲弾2万5000発などをウクライナに供与し、東部での戦闘を支援する。
米政府はこれまで榴弾砲90門の供与を表明しており、今回はレーダー3台と電子妨害装置なども供与する。

ドイツのクリスティーネ・ランブレヒト国防相は6日、ドイツ製の自走榴弾砲「パンツァーハウビッツェ(PzH)2000」7両をウクライナに供与し、
ウクライナ兵への訓練も行うと明らかにした。
紛争当事国への武器供与に消極的だったドイツは方針を転換し、4月下旬には、自走式対空砲ゲパルト約50両の提供を表明している。


【【反攻】ウクライナ反撃…東部5集落を奪還!!!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ