癒し


AR TNEXT8月22日から「決定版 寅さんの金言 現代に響く名言集」を発売する。

画像提供:マイナビニュース


男はつらいよシリーズの全48作の見どころも凝縮され、山田洋次監督も認めるほどの“寅さん博士”の落語家・立川志らくさんの語り口で、やさしく楽しく、寅さんの魅力と1話ごとの人間関係の機微が語りつくされている。

「観る年代によって作品の感じ方が変わる」寅さんシリーズあらためて寅さんの風のような生き方を知り、作品を鑑賞するきっかけになりそうだ。

○「男はつらいよシリーズの見どころを凝縮

同書では志らくさんが、「男はつらいよシリーズ48作ごとの名ゼリフ=金言をチョイスし、作品の見どころ解説とともに、名ゼリフに凝縮されたエッセンスを語り尽くしている。

寅さんの義理人情、滑稽な味わいを落語家の視点から深掘りし、古典落語の世界にも通ずる、「男はつらいよ」の世界観を解説。

寅さんだったら現代の世相をどう斬るだろうか、その答えも示される。


○紹介される名セリフ

・「ほら、見な、あんな雲になりてぇのよ。」(第9作『柴又慕情』)

・「この人の幸せのためなら俺はどうなったっていい、死んだだっていい、そんなふうに思えるようになる。それが愛よ、違うかい。」」(第16作『葛飾立志編』)

・「アイ・ラブ・ユー。できるか青年!」(第20作『寅次郎頑張れ!』)

・「俺から恋を取ってしまったら、何が残るんだ。」(第30作『花も嵐も寅次郎』)

・「ああ、生まれてきてよかったなって思うことが、何べんかあるじゃない。そのために人間生きてんじゃねえのかな。」(第39作『寅次郎物語』)

価格は1,650円。全国書店で発売。
(MN ワーク&ライフ編集部)















知識ゼロからの寅さん入門
藤井 勝彦
幻冬舎
2019-12-11







(出典 news.nicovideo.jp)

男はつらいよ (寅さんからのリダイレクト)
『男はつらいよ』(おとこはつらいよ)は、渥美清主演、山田洋次原作・監督(一部作品除く)テレビドラマおよび映画シリーズである。主人公愛称から「寅さん」(とらさん)シリーズとも称される。 テキ屋稼業を生業とする「フーテン」こと車寅次郎が、何か拍子に故郷柴又に戻ってきては、何かと大騒動を起こす人情喜劇で、毎回旅先で…
152キロバイト (21,514 語) - 2023年8月21日 (月) 23:49



(出典 alfalfa145.cocolog-nifty.com)



<このニュースへのネットの反応>

【今こそ刺さる“寅さんの名言″  話題にwwwwww】の続きを読む


神社仏閣オンライン9月15日(金)より、TVアニメRe:ゼロから始める異世界生活シリーズと神社仏閣のコラボレーション企画「戒壇巡りの試練」を開催することを発表した。

【画像】コラボ対象の「甲斐善光寺」

本企画は『Re:ゼロから始める異世界生活』の主人公であるナツキ・スバルが持つ、死ぬと時間が巻き戻る能力「死に戻り」を、狭くて暗い場所を通り抜けることによって擬死体験をする「戒壇巡り」と重ね合わせ、作品の世界観を通して「戒壇巡り」を体験できる、TVアニメと伝統文化のコラボレーション企画となっている。 今回の舞台は「善光寺」という名を冠し、「戒壇巡り」が体験出来る5カ寺(甲斐善光寺・元善光寺・高山善光寺・関善光寺善光寺東海別院)。

この5カ寺にて限定コラボ授与品の頒布(販売)を中心に展開される。

コラボ授与品一覧

・御守り(5種) 価格:1,200円 御朱印帳(1種) 価格:3,300 御朱印(5種) 価格:1,000円(※2) ・絵馬(1種) 価格:1,500円 ・根付キーホルダー 価格:1,000円 ©長月達平株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会
善光寺5カ寺でアニメ『Re:ゼロ』とのコラボ企画「戒壇巡りの試練」を開催


(出典 news.nicovideo.jp)

善光寺に参る」といわれている。 善光寺の本尊「一光三尊阿弥陀如来」は、天竺の月蓋長者が鋳写したものとされ、百済の聖王(聖明王)を経て献呈された日本最古の仏とされる。日本に来るも廃仏派の物部氏によって難波の堀江に捨てられるが、本田善光(若麻續東人とも言う)に拾われ(一説に和光寺)、信濃の元善光寺
117キロバイト (18,380 語) - 2023年8月4日 (金) 13:06



(出典 www.zenkoji.jp)



<このニュースへのネットの反応>

【パワースポットでも有名な善光寺 『Re:ゼロ』「戒壇巡りの試練」コラボ企画展開wwwwwww 】の続きを読む


ぽたぽた焼ぽたぽたやき)は日本の亀田製菓が製造・販売する煎餅の商品名。 1986年に発売され、以降、定番商品として人気が高い。味は発売から同じではなく、時代に合わせて変化させてある。 名称は、「おばあちゃんが火鉢で煎餅を焼く際に醤油をぽたぽたと垂らしつける様子」から付けられたと考えられている。…
6キロバイト (874 語) - 2023年6月25日 (日) 13:04

(出典 hugkum.sho.jp)






1 BFU ★ :2023/08/07(月) 22:03:13.98 ID:cKdz4Uu39
亀田製菓は7日、砂糖じょうゆ味のせんべい菓子「ぽたぽた焼」のパッケージに描く「おばあちゃん」のイラストを8月上旬から変更すると発表した。



(出典 news-pctr.c.yimg.jp)

絵本作家のヨシタケシンスケさんに作画を依頼した。下を向いて静かにせんべいを焼く様子から、顔を上げてほほ笑む表情に変わり、親しみやすさが増したという。 


(出典 i.imgur.com)


https://news.livedoor.com/lite/article_detail/24758761/

【「ぽたぽた焼」癒されたあのおばあちゃんの顔 2代目に変更へ】の続きを読む

8月4日に自身の公式SNSで結婚することを発表した、プロスケーターの羽生結弦

 

アサ芸プラス


この日は「一粒万倍日」「天赦日」「大安」が重なる最強開運日。

さらに発表は午後11時11分という1並びで「1」を大切にするという羽生のこだわりが込められていたが、同日深夜のSNSは騒然。

特に結婚相手には言及していなかったため、「相手は誰か」という推測が飛び交いまくった。



芸能ライターが語る。

「羽生は2016年、女性誌に東北高校時代の同級生との結婚が報じられたことがあり、その人ではないかとの説が多かったですね。今年6月には仙台市内にある高級マンション最上階の2部屋を購入し、家族で転居したとの報道もあったのですが、すでに結婚相手とそこで住んでいたのではとの見方も出ていました」
さらにSNSで飛び出したのは、あの元アイドルの名前だ。


「20年に突然、芸能界を引退した元AKB48まゆゆこと渡辺麻友の名前も見受けられました。彼女は羽生の大ファンで、かつて裏アカが流出した際、羽生関連の投稿が数多くあったことが話題に。引退した際、一部では羽生との結婚準備ではないかとウワサもあったほどです。もっとも、今回の発表で相手について触れなかったのは、相手が完全に一般人だからというのもあると思いますが…」

そのうち何らかの形で「正体」が明らかになるかもしれないが、国民的アスリートだけにファンならずとも気になるところではある。

(鈴木十朗)




(出典 news.nicovideo.jp)

羽生 結弦(はにゅう ゆづる、英語: Yuzuru Hanyu、1994年〈平成6年〉12月7日 - )は、宮城県仙台市出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。現在はプロのアスリート。全日本空輸 ANA所属(2013年 - 2022年)。早稲田大学(通信教育課程eスクール) 卒業。エグゼクティブ・プロデューサー。…
444キロバイト (44,592 語) - 2023年8月6日 (日) 03:39



(出典 assets.website-files.com)



<このニュースへのネットの反応>

【羽生結弦 突然の国民的アスリートの電撃婚「お相手」飛び交う推測】の続きを読む


“美容家”は美のポテンシャルが高い、すなわち、その人自身が美しいのは言うまでもない。そんな美容家の代表といえば、女優としても活躍する神崎恵や君島十和子や石井美保氏が有名だ。が、こと美容家系女優となると、田中みな実長谷川京子も活躍著しい。最近ではMEGUMIが大フィーバー中!

アサジョ



その前は安達祐実なども美容雑誌に集中的に引っぱりダコだった時期もあった。今や「美容家女優」のカテゴリーが確立された感があるが、そんな彼女たちにについて東京・渋谷区の「R.O.clinicアールオークニック)」の呂秀彦院長と語ってみた

呂:あくまでも個人的な意見ですが、好感度では、君島十和子さんや田中みな美さんはとてもですよね。特にMEGUMIさんは、最近話題になっていることから、世間のニーズにマッチしているんだと感じます。最新の美容情報や使用している製品がかなりよいのでしょうね。

M子:彼女は肌がめちゃくちゃ美しく、歳を重ねるごとにどんどんキレイになっていきますよね。何が決め手なんでしょう?

呂:MEGUMIさんは、以前と比べて「ほうれい線」がつるんとしているところがポイントですね。ほうれい線は、年齢を感じさせる部位なので、あるのとないのとでは大きく違います。肌に関しても、かなりケアをされていると思います。何も美容をしたことのない人があの感じになろうとするならば、「ポテンツァ」や「IPLフォトフェイシャル」などの肌治療がだいぶ必要でしょうね。

M子:長谷川京子さんも常に話題ですよね。でも、やりすぎてしまっている感が否めませんが。

呂:うーん。やりすぎな感じがするかどうかは人それぞれの見方だと思いますが、重要なのは、彼女自身が思う若さの感覚と世間の感覚のバランスを取ることが大事だと感じるんですよね。特に美容タレントというカテゴリーの方々は、アンチエイジングに関しては、常にアップデートが必要なんです。

X:若い年齢の人は、やっぱり美容家タレントは目指さないのでしょうか?先生から見て、美容家は何歳からが適齢期?


呂:やはり、若さはすべてを凌駕する!という気がします。若い方は、もともと肌のハリもありますし、シミなども少ないですから、アンチエイジングは関係なく、重要なのは、「美人」を目指すのが一番重要なのではないでしょうか。

M子:そのために必要な施術を教えてください!私自身のためにお聞きしたい(笑)

呂:最近は、最新の器械単体ではなく組み合わせの施術がさらに効果がありますので、例えばポテンツァとハイフのセットがかなり効果が期待できますのでおススメめですね。

M子:ポテンツァとハイフですね。かしこまりました!

【 連載コンビプロフィール

 M子:美容と芸能のライター歴25年。誰もチャレンジしない時代に、女性誌で初めてプチ整形を体験取材した一人。美容整形への風当たりが強い時代から美容術の「今」を追っている。

 X男:美容整形業界に長く在籍し、コーディネーターとしてTV・出版業界、芸能事務所、財界にも太いパイプを持つ。




(出典 news.nicovideo.jp)

MEGUMI(めぐみ、1981年9月25日 – )は、日本のタレント、女優、歌手、元グラビアアイドル、実業家。夫はDragon Ashの降谷建志(Kj)、義父は俳優の古谷一行、長男は俳優(子役)の降谷凪。 本名は古谷 仁(ふるや めぐみ)、旧姓は山野(やまの)。血液型A型。所属事務所はサンズエンタテ…
44キロバイト (6,083 語) - 2023年8月4日 (金) 02:57



(出典 ddnavi.com)



<このニュースへのネットの反応>

【どんどん綺麗になってく 噂の大フィーバー女優wwwwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ