学校


 ChatGPTを家庭教師にした子の成績「驚きの結果」、家庭教師を雇えなかった子にも教わるチャンス

ChatGPT(チャットジーピーティー、英語: Chat Generative Pre-trained Transformer)は、OpenAIが2022年11月に公開した人工知能チャットボットである。原語のGenerative Pre-trained Transformerとは、「生成可能な事前…
88キロバイト (11,405 語) - 2023年7月5日 (水) 10:17



(出典 zookids-cafe.jp)



【ChatGPTを家庭教師にした子の成績「驚きの結果」家庭教師を雇えなかった子どもたちにもチャンス到来!】の続きを読む



(出典 sukusuku.tokyo-np.co.jp)



(出典 imgcp.aacdn.jp)



1 デビルゾア ★ :2023/07/02(日) 06:03:59.35ID:3/Rsbmk79
東京の大学に通うあなたの娘は風俗で働いているかもしれない…真面目な女子大生が学費と生活費のためにピンサロ嬢になるまで




深刻な貧困状態にある女子大生

(中略)

現在、日本は勤労世代(20~64歳)の単身女性の3人に1人、シングルマザーの50%以上、子供の7人に1人が貧困状態にあるといわれている。

なかでも深刻な状態に陥っているのが現役大学生だ。大学の制度変化や高齢者優遇の潮流、親世代の無理解などの事情が重なって、10年ほど前から一般女子学生が続々と*や売春へ、男子学生は犯罪に加担する仕事を余儀なくされている。

もはや*や水商売の現場は、現役女子大生まみれだ。正直、異常なことになっている。


現役女子大生だらけのピンサロ

永田町の議員会館に一緒に行った三宅亜梨子さん(仮名・21歳)は、東京六大学文系学部の3年生。九州出身で大学近くのワンルームマンションに一人暮らし。

大学で真面目に勉強しながら、夕方以降は中央線沿線にあるピンクサロンでアルバイトをする。

ピンクサロンとは男性客を口淫によって〝抜く〟、古くからある店舗型性*の形態だ。
報酬が安く不衛生なこともあって、性*のなかでは底辺的な存在といえる。


「ピンサロで働き始めたのは大学2年の夏休みからです。どう考えても大学生を続けるためには、もうそれしかないって判断でした。
○○駅近くのピンサロで30分8000円の店、時給2000円。基本時給に指名料や歩合給がつきます。

コロナ前だったら1日2万円くらいは稼げて、今はその4割減くらい。
仕事内容はお客1人につき30分で15分しゃべって15分でプレイとか。
5分だけでパッと抜いちゃってバイバイとかもありますし、いろいろ。
ウチの店は若い女の子売りで有名店みたいで、マジで若い女の子しかいないですね」


議員先生が知りたいのは、現役女子大生の過酷な状況だろう。
筆者も三宅さんとは会ったばかりで、個人的な事情はわからない。
議員や秘書の方がどんな質問でも投げることができる雰囲気をつくり、解説しながら、筆者はいつもどおり「どうして*嬢をしているのか?」をテーマに話を聞き進めた。


この日は緊急事態宣言発令の前、まだ都内の*店は何事もなく営業していた。

「店の女の子は女子大生だらけ。女子大生しかいないです。仕組みを最近知ったのですが、店はガールズバーのダミー求人で学生を集めるんです。応募の敷居を低くして、実際の対面の面接でピンサロに誘導する。私もきっかけはそれでした。

大学2年のときにお金に困って、ガールズバーの時給1500円の仕事に応募しました。普通のバイトよりは稼げるかなって。面接に行ってみたらガールズバーはキツいし、お金にならないって話をされて、アフターとか同伴、枕もあるって。大変っていう説明をされて、実は……みたいな」

不衛生で割に合わないピンサロは、若い*経験者からの応募はない。
虚偽の広告など、かなり強引な手口でなにも知らない素人女性を集めている。
具体的にはフロアレディなど、水商売のイメージが強い求人広告で応募のあった女性を面接でピンサロに誘導する。
お金に困ってて、無知で若い、しかも素人という地方出身の現役女子大生は格好のターゲットとなっている。


(中略)

(>>2に続く)



【東京大学生活の裏側!優秀な娘 風俗アルバイトを始めるまでの葛藤と決断】の続きを読む



≪不登校に関する調査≫を発表 不登校の経験有「21.2%」、 10代~20代では“相談相手がいた”と6割が回答

不登校の経験(単数回答/n=600)


10代の若者に多様な学びの選択肢を提案し、未来の可能性が限りなく広がることを目指す株式会社プレマシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役:岩田彰人)は2023年6月3日(土)~6月5日(月)に「不登校に関する調査」を行いました。

【調査背景】
文部科学省2022年10月に発表した、高校生を除いた小・中学校における不登校の状況によると不登校の児童生徒数は2014年度から9年連続で増加。とくに2020年度から2021年度で約5万人急増し約24.5万人となっています。コロナ禍でのオンライン授業なども増え、学校に行かなくても学習できる環境があることを知った子どもたちも多く、人間関係の変化も大きかったのではないでしょうか。学習・人間関係に関する環境が大きく変化するなか、10代~20代の若者世代、40代~50代の親世代に対し「不登校に関する調査」を実施いたしました。報道の一資料として是非ご活用ください。
【調査結果トピックス】

●学校に行きたくないと思った経験がある人は70.8%。10代~20代よりも40代~50代に多い結果に。その理由は「友人関係のトラブル」や「いじめ・いやがらせ」が多い。

不登校の経験を聞くと、21.2%が「経験がある」と回答。年代で比較をすると、10代~20代は25.0%、40代~50代は17.3%となり、10代~20代不登校経験者が多く、その差は7.7ポイント。無理をせず、不登校を選べる環境に変化してきているのではないだろうか。

●その時期に「相談相手はいない」と回答した方が54.0%と半数を超える。とくに40代~50代は66.4%と高い。親世代が相談できなかった人が多いことから、子ども世代の悩みには相談に乗れるようにと少しずつ環境が変化しているのかもしれない。

●「相談できる場所」や「学校に通う以外の選択肢」を知りたかったとの回答が多く、とくに40代~50代が多く回答。「相談できる場所」は15.6ポイント、「学校に通う以外の選択肢」は6.1ポイントの差。

●友人関係のトラブルや勉強や体調などの何らかの理由で不登校せざるを得なくなった場合、その後復学するべきだと思うと回答した人は、計44.3%、復学しなくても良いと思うと回答した人は計55.7%となった。
不登校の経験(単数回答/n=600)
不登校
の経験(単数回答/n=600)

【調査結果詳細】
Q1. あなたが今までに「学校に行きたくない」と思った理由があればお答えください。(複数回答/n=600) 今までに学校に行きたくないと思った理由(複数回答/n=600)
今までに学校に行きたくないと思った理由(複数回答/n=600)
まずは学校に行きたくないと思った経験についてお聞きしました。その結果、「経験はない」と回答したのは約3割にとどまる結果となり、約7割が学校に行きたくないと思った経験があることがわかりました。その理由は「友人関係のトラブル」や「いじめ・いやがらせ」が多く、10代~20代よりも40代~50代が多く回答しています。

Q2. 学校に行きたくないと思った経験があると回答した方にお聞きします。その時期をお答えください。(複数回答/n=425)
学校に行きたくないと思った時期(複数回答/n=425)
学校に行きたくないと思った時期(複数回答/n=425)
学校に行きたくないと思ったことがある人に対し、その時期をお聞きしました。最も多い回答は「中学2年生」となり44.2%が回答しています。年代別で比較をすると、10代~20代は「中学2年生」が最も多く48.3%、40~50代は「小学校高学年」が最も多く41.9%と年代で差のある結果となりました。
プレマシード 岩田彰人 コメント
中学生になると、小学生から様々なことが大きく変化します。コミュニティーが大きくなり、多様な人と接する必要が増え、大人になるのだからと自立を求められることが多くなります。
多くの人が集まる環境が苦手、自分の意見を言うことが苦手という子どもには、難しい環境に置かれることになります。
また、思春期を迎え、成長に伴い感受性が強くなり、価値観の違いに周囲とのギャップを感じるようにもなります。
小学生から中学生になり、環境の変化に戸惑い不登校になってしまった子どもも中学2年生まではなんとかしてきたけれど、いよいよ高校進学が迫り、自立を強く求められ、先行きが見えない、気持ちも追い込まれてしまうという時期なのではないでしょうか。

Q3. あなたは不登校の経験がありますか。(単数回答/n=600)
不登校の経験(単数回答/n=600)
不登校
の経験(単数回答/n=600)
不登校の経験※についてお聞きすると、21.2%が「経験がある」と回答しました。年代で比較をすると、10代~20代は25.0%、40代~50代は17.3%となり、10代~20代不登校経験者が多く、その差は7.7ポイントとなっています。

※「何らかの心理的、情緒的、身体的あるいは社会的要因・背景により、登校しないあるいはしたくともできない状況にあるために年間30日以上欠席した者のうち、病気や経済的な理由による者を除いたもの」などの定義を設けず聴取。

Q4. 不登校の経験があると回答した方にお聞きします。その理由をお答えください。(複数回答/n=127) 不登校の理由(複数回答/n=127)

不登校
の理由(複数回答/n=127)

不登校
の経験があると回答した人に対し、その理由をお聞きしました。その結果、【Q1.】に続き「いじめ・いやがらせ」(48.0%)、「友人関係のトラブル」(43.3%)が多い結果となりました。


プレマシード 岩田彰人 コメント
不登校の経験では、10代~20代 25.0% 40代~50代 17.3%となり、その差は7.7ポイントとなりました。不登校という選択をすることができる環境になっているのではないでしょうか。
中学生
になると複数の学区や様々な地域から生徒が集まり、コミュニティーが大きくなり多様な人と接する機会が増えます。多人数が苦手な場合、その苦手な部分が出やすく、学校へに苦手意識が芽生えてしまう原因にもなります。

思春期を迎え、成長に伴い感受性が強くなり、価値観の違いに周囲とのギャップを感じ、男性らしく、女性らしくといったジェンダー問題にストレスを抱える子どももいます。大きな環境の変化、価値観の違い、ギャップが生じることにより、いじめ・いやがらせ、友人関係のトラブルが起きてしまうのではないでしょうか。もちろんこれは、中学校の中だけの問題ではなく、多様な価値観を認め合う社会になることが必要ではないかと思います。


Q5. 「学校に行きたくない経験がある」もしくは「不登校の経験がある」と回答した方にお聞きします。その際に、相談相手はいましたか。(複数回答/n=426)
不登校や学校に行きたくないと思った際の相談相手(複数回答/n=426)

不登校
や学校に行きたくないと思った際の相談相手(複数回答/n=426)
次いで、学校に行きたくないと思った経験がある方、不登校の経験がある方にその際の相談相手についてお聞きしました。

その結果、「相談相手はいない」と回答した方が全体では、54.0%と過半数を超えましたが、10代~20代では40.4%、40代~50代では66.4%となり、10代~20代では相談がしやすい環境になっていると言えます。
また、「相談相手」についても、40代~50代に比べ、10代~20代が全ての項目で上回る結果となっています。


Q6. 「学校に行きたくない経験がある」もしくは「不登校の経験がある」と回答した方にお聞きします。その際に知りたかった情報をお答えください。(複数回答/n=426)
不登校や学校に行きたくなかった時期に知りたかった情報(複数回答/n=426)
不登校
や学校に行きたくなかった時期に知りたかった情報(複数回答/n=426)
知りたかった情報を聞くと、「相談できる場所」44.1%、「学校に通う以外の選択肢」39.7%という結果となりました。とくに40代~50代が多く回答しています。

プレマシード 岩田彰人 コメント
学校に行きたくない、不登校の際に相談相手がいないと回答した10代~20代は40.4%、40代~50代は66.4%となり、若い世代ほど相談がしやすい環境が整ってきているようです。

また、相談相手について尋ねると、40代~50代と比較し10代~20代では、全ての項目で相談した割合が高く、ここでも相談しやすい環境が整ってきたことが伺えます。知りたかった情報として、相談できる場所、学校に通う以外の選択肢については、40代~50代に比べ、10代~20代の割合が低い結果となりました。相談しやすい環境が整ってきたことはもちろん、学校、家以外の第三の場所としてのフリースクールの認知、オンライン学習の一般化、学校に通う以外の選択肢を持ちやすくなってのではないでしょうか。




Q7. 友人関係のトラブルや勉強や体調などの何らかの理由で不登校せざるを得なくなった場合、あなたはその後復学するべきだと思いますか。(単数回答/n=600) 友人関係のトラブルや勉強や体調などの何らかの理由で不登校せざるを得なくなった場合、あなたはその後復学するべきだと思うか。(単数回答/n=600)

友人関係のトラブルや勉強や体調などの何らかの理由で不登校せざるを得なくなった場合、あなたはその後復学するべきだと思うか。(単数回答/n=600)
Q8. 前問で回答した理由をお答えください。(自由回答/n=600)
【復学すべきだと思う理由】

・問題が克服できたら、ゆっくりでも良いので復学して欲しい。(27歳/男性)

・自分も、苦しくても学校に行って卒業した経験があって、その経験は人生のプラスにもなっているから。教室でなくてもいいから、人生経験として行って欲しいと思う。(28歳/女性)

・苦しかった状況をなるべくなら乗り越えてほしいから。ただ、必ずしもそれができるわけではないから、転校などの別の方法も考えて。(42歳/男性)

・本人が可能なら、できれば復学して欲しいとは思います。学びは続けて欲しい。(55歳/女性)

・学校は子どものころしか行けないところだから。(15歳/女性)

【復学しなくても良いと思う理由】

・勉強が全てではないから。(16歳/女性)

・原因にもよるが、学校の規則に悩むならば別の場所で学ぶのが自然だと思うから。通常の学校以外で学ぶことはできます。(27歳/男性)

・学校に行くことが全てではない。大学進学だけならば通信制でも十分といえる環境があるから。大学で環境が変われば、不登校から解放されることもあり得る。(28歳/男性)

・辛いのに行くほど学校だけに意味があるとは思えないから。(14歳/女性)

・無理に復学する必要はない。現在の学校に復学することだけが選択肢ではないと思う。(16歳/女性)

前問では、「学校に通う以外の選択肢」について知りたかったとの回答が多く集まりましたが友人関係のトラブルや勉強や体調などの何らかの理由で不登校せざるを得なくなった場合、その後復学するべきだと思うと回答した人は、計44.3%、復学しなくても良いと思うと回答した人は計55.7%となりました。
半数以上の方は無理に復学しなくても良いと考えているようです。その理由をお聞きすると、様々な回答が集まりました。
「復学しなくても良い。」と回答した方も、通信制高校など別の方法で学び続ける

選択肢を提示する声も多くありました。


プレマシード 岩田彰人 コメント
将来の自立に向けて必要な社会性、学力を身に付けるために最終的には小学校中学校への復学は必要なことだと言えます。

アンケートでは半数以上の方が無理に復学することはないと答え、復学するべきと答えた方の中にも、無理はするべきではないと答えた方が多くいました。不登校の原因は人間関係、家庭環境、学校への不信感など様々な要因があり、当事者だけでの解決が難しいのも事実です。

フリースクール、カウンセラーのような第三者に介入をしてもらいながら無理をせず復学、高校への進学を目指してもらいたいと思います。また、不登校を解決し、復学や進学、夢を叶えた方の声がもっと広まれば、周囲からの理解も得やすく、解決の手助けになるのではないでしょうか。
【総評:プレマシード 岩田彰人 コメント 不登校への理解が深まり、不登校という選択をしやすい環境になった、相談しやすい環境になったということを知れる調査となりました。子どもから大人へと成長する思春期は、参加するコミュニティーが大きくなり、学校での指導方針も自立を求めるものへと変化していきます。

環境や学習面の変化が大きく、自身の成長とのギャップが生じれば、誰でも不登校を経験する可能性があります。

不登校という選択を選ぶことができる、相談しやすい環境に変化していることは、前向きな変化です。より理解を深めていくためには、不登校を解決し、復学や進学、夢を叶えた方の声が広まることが必要なのではないでしょうか。

プレマシード 岩田彰人

プレマシー
ド 岩田彰人
【調査概要】 1.調査の方法:インターネット調査 2.調査機関 :株式会社プレマシー 3.調査の対象:全国の10歳~29歳の男女300名、40歳~59歳の男女300 4.有効回答数:600名 5.調査実施日:2023年6月3日(土)~6月5日(月)
【Go通信制高校
https://go-highschool.com/ 自分に合う通信制高校サポート校に出会える資料請求サイト。全国の通信制高校サポート校を通いたいエリアで探せるだけでなく、不登校、学費、進学、転編入などの悩み、将来の夢、高校生活などの様々なテーマから自分に合う学校を探して資料請求をすることができます。

通信制高校の先生を始めとした専門家が通信制高校の仕組みや学校選びのポイントを解説するだけでなく、様々な悩みへのアドバイスも掲載。悩みややりたいことに合わせた学校選びや、学校の雰囲気を知ることで、自分に合う通信制高校サポート校に出会うことができます。


Go通信制高校 Go通信制高校 【会社概要】 商号  : 株式会社プレマシー 代表者 : 代表取締役 岩田彰人 所在地 : 東京都渋谷区神宮前2丁目18−19 the Folks BY IOQ 3B 企業URLhttps://prmaceed.co.jp/



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 japaneseclass.jp)



<このニュースへのネットの反応>

【驚愕の統計:10代~20代の6割が相談相手を持つ!不登校で孤立しないための重要性とは? 支えの手を差し伸べませんか?】の続きを読む

このページのトップヘ