#イベルメクチン


イベルメクチン(INN: ivermectin、中: 伊維菌素)は、マクロライドに分類される抗寄生虫薬である。放線菌が生成するアベルメクチンの化学誘導体。商品名はストロメクトール(MSD製造)、日本の販売は2006年3月まで万有製薬が、以降はマルホが行う。静岡県伊東市内のゴルフ場近くで採取した土壌か
97キロバイト (11,699 語) - 2022年4月28日 (木) 05:59
イベルメクチン、 誤った科学が生んだ新型ウイルス「特効薬」 - BBCニュース
イベルメクチンの有効性を主張する治験に含まれる主な問題点。
  • 同一の患者のデータが、別人とみられる人々に対して複数回使用されている
  • 治験グループに参加する患者が無作為に選ばれていなかったことを示す証拠がある
  • 自然には起こりえない数字が含まれる
  • 誤って算出されたパーセンテージが含まれる
  • 各研究が行われた地域の保健機関が研究を把握していなかった
   
  日本発の抗寄生虫薬の使用開始|【西日本新聞me】

 いらすとや」サイトの更新を一時停止 2月以降に不定期更新で再開 - KAI-YOU.net

安いイベルメクチン期待のはずが...エビデンスなし...


1 神 ★ :2022/06/05(日) 15:34:27.63

南アフリカで「イベルメクチン」使用停止 ワクチン普及と治療効果への信頼度が理由
イベルメクチン、 誤った科学が生んだ新型ウイルス「特効薬」 - BBCニュース
[2022年6月4日8時6分]

南アフリカの医薬品規制当局は3日までに、新型コロナウイルス治療に用いていた抗寄生虫薬「イベルメクチン」の使用を停止すると発表した。

ワクチンが普及する一方、治療効果の「信頼できるデータがないため」とした。

発表は5月30日付。

薬はノーベル医学生理学賞を受賞した大村智博士が開発に貢献した。
新型コロナへの効果が一部で期待されていた。

南アはオミクロン株による感染の波が昨年12月にピークを越えた。世界保健機関(WHO)によると、今月2日に確認された感染者数は2647人だった。(共同)



https://www.nikkansports.com/general/news/202206040000167.html


【【速報】南アフリカ 日本が産んだ「イベルメクチン」使用停止wwwwww】の続きを読む


ASKA(アスカ、1958年2月24日 - )は、日本の男性ミュージシャン、シンガーソングライター。本名:宮﨑 重明(みやざき しげあき)。旧称:飛鳥 涼(あすか りょう)。CHAGE and ASKAの元メンバーで、多くの楽曲のボーカル・作詞・作曲を担当していた。福岡県大野城市出身。第一経済大学卒業。所属個人事務所はBurnish
156キロバイト (13,039 語) - 2022年5月2日 (月) 11:25
ASKA「効かないどころか寄生虫を駆除する家畜用の危険な薬」
ASKA premium ensemble concert -higher ground-2019≫2020」ライブBlu-ray+CD  2020年10月21日発売!|ジャパニーズポップス
ASKAがスタッフに勧める「効かないどころか危険」なコロナ予防薬 


効くのか?効かないのか? イベルメクチン コロナ治療に効果は…
コロナ治療薬なるか 「イベルメクチン」治験開始(2021年7月1日) - YouTube  トップページ|大村智記念研究所・大学院感染制御科学府

日本 コロナ治療薬で承認されず 臨床試験で有効性など調査
海外 有効性は十分証明されず研究続く
また、海外でもさまざまな研究結果が報告されてきましたが有効性は十分証明されておらず、研究が続いています。
米・NIH“コロナに有効か結論出せない”


ナビタスクリニック » Blog Archive » 【中居正広のニュースな会📺後編・特効薬「イベルメクチン」は  世界で5億人が使用中💊久住医師が解説!】 イベルメクチンでコロナ(オミクロン)予防及び治療が安価で可能に
データが示す「飲んでも飲まなくても同じ」
 その他にも2つのグループを公平に設定し、実薬とプラセボを割り当てて行われた試験が少ない。試験の対象者自体少ないといった点も。

※「プラセボ」                                          本物の薬と同様の外見、味、重さをしているが、有効成分は入っていない偽物の薬。薬の治療効果を実験的に明らかにするため、比較対照試験で利用される。

中には、この実験は“症状が悪化しないこと”を目的とした調査のはずなのに、イベルメクチンを飲んだことで“死亡率が62%も下がった”と報告している論文も。いまだかつてこの世の中に、プラセボと比較して62%も死亡率が下がるような薬は存在もなく、さらに臨床試験を実施した地域が開発途上国に集中していることも問題に。


ASKA「効かないどころか寄生虫を駆除する家畜用の危険な薬」をスタッフに勧めていた 警告する医師には法的措置を検討 
ASKAがスタッフに勧める「効かないどころか危険」なコロナ予防薬 、警告する医師には法的措置を検討か|ニフティニュース
1 牛丼 ★ :2022/05/02(月) 22:51:02.37

《1月7日から今日まで、レギュラースタッフ50人強、誰ひとり感染はなくツアーファイナルを迎えようとしています。その間、メンバーは他の仕事もしてる。あり得ない。この事実をビッグデータに加えてください。「全員イベルメクチンを飲んでいた」》

3月26日、自身のツイッターにこのような投稿をしていたのは、4月13日に2年ぶりの全国ツアーが最終日を迎えた歌手のASKA。以前『週刊女性PRIME』が報じた「すべての雑菌、ウイルスを死滅させてしまう」(ASKAの弁)という『オゾン水生成機器』の開発など、彼は今、健康問題、とりわけ新型コロナウイルスに関する情報発信に熱心なのだ。

ASKAが自身のブログやツイッターでしきりに有用性を説いている『イベルメクチン』とは――。

「もともとは寄生虫を駆除する作用がある薬で、ヒトよりも家畜用として広く使われてきました。それが新型コロナウイルスが生まれ世の中が騒ぎ始めた2年前、コロナに感染させた培養細胞にこのイベルメクチンを使った実験の論文が早々と2本出ました。内容は新型コロナウイルスの増殖を防いだというものです」

そう話すのは、新潟大学名誉教授で医療統計の第一人者と呼ばれる医学博士の岡田正彦先生。
コロナの症状を抑えられる薬なら、この未曾有のパンデミック時代。全人類が飛びつくような薬のはずだが……。

ASKA提唱のワクチンにかけられた疑念

「イベルメクチンが症状を抑えたというこれらの論文を、その後詳しく検証した専門家がたくさんいます。結果としては、ものすごい量を使用しないと実験が示したような結果にはならないという“反論”でした。寄生虫の治療ではなく、コロナウイルスを目的に使った場合、必要となる量にすると、相当高い頻度で副作用が出てくる。よく効く薬はすべからくそうですが、量を少し多くすると格段に副作用が出てきます。イベルメクチンがまさにそうで、実験の結果を鵜呑みにしてはいけないという警告が大量に発表されました」(岡田先生、以下同)

その後、人間に対してイベルメクチンが有効であればどの程度の量を使用すると、副作用なく効果が出るのかという研究が始まった。

「実はイベルメクチンはコロナに対して“有効”だとしている論文は山ほど出ています。その後それらの論文のメタ解析がなされました」

メタ解析とは、関係する論文を集め、ずさんなものを排除した上で、総合評価をくだすもの。

「イベルメクチンのコロナに対する効果についてメタ解析された論文すべてに目を通しました。私は30年以上にわたって論文不正の調査研究を行ってきましたが、それらに対してはたくさんの“疑念”が生じました。
まず、正式な論文つまり専門家の審査を受けたのは2編しかありません。
また、このような実験・調査をする際には、“対象者がどういう人なのか”、“年齢”、“基礎疾患の有無”などを論文上で明らかにしなくてはなりません。しかしほとんどが書かれていない。このような未完成の報告書しかなく、医薬品試験のルールから逸脱しているようなものばかりでした」
近影

(出典 i0.wp.com)

★続く
https://news.yahoo.co.jp/articles/1ab4440c40cab33465a796291581d9fd526ab4e0


【ASKAさん提唱の疑念 「スタッフ50人強 誰一人感染なくツアーを終えた「全員イベルメクチンを飲んでいた」→コレ......】の続きを読む


イベルメクチン(INN: ivermectin、中: 伊維菌素)は、マクロライドに分類される経口駆虫薬である。腸管糞線虫症、疥癬、毛包虫症の治療薬でもある。商品名はストロメクトール(日本ではMSD(旧・万有製薬)製造、マルホ販売)。放線菌が生成するアベルメクチン
76キロバイト (9,715 語) - 2022年1月25日 (火) 07:45




no title


イベルメクチン 待望の効果確認。
値段も手ごろ。以前からネット上でも大きな反響に。


1 神 ★ :2022/01/31(月) 17:51:45.95

[東京 31日 ロイター] - 興和(名古屋市)は31日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として第3相臨床試験を行っている「イベルメクチン」について、北里大学との共同研究(非臨床試験)から、オミクロン株に対しても、デルタ株などの既存の変異株と同等の抗ウイルス効果があることを確認したと発表した。
https://jp.reuters.com/article/kowa-ivermectin-idJPKBN2K50B7


【【速報】【朗報】「イベルメクチン」 オミクロン株  日本の薬 【待望】効果確認wwwwww】の続きを読む


【衝撃】「イベルメクチン」服用で視力低下  米でコロナ治療使用 警鐘 wwwwww

イベルメクチン最強説...

NO.9814119 2021/09/05 22:18
駆虫薬「イベルメクチン」服用で視力低下も 米でコロナ治療目的の使用に警鐘
駆虫薬「イベルメクチン」服用で視力低下も 米でコロナ治療目的の使用に警鐘
アメリカで、馬などの家畜用の駆虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス治療薬として服用し、病院で救急治療を受ける人が出ているという。米政府は、新型コロナウイルス治療に「イベルメクチン」を使用しないよう呼びかけている。

家畜用の駆虫薬「イベルメクチン」は、寄生虫駆除の目的で人間に少量投与されることもあるが、新型ウイルス感染症COVID-19の治療薬としては認められていない。

しかし、COVID-19の治療や予防への効果がうたわれており、物議を醸している。

アメリカではこれまでにイベルメクチンの使用が一般化しており、米食品医薬品局(FDA)は先月、服用しないよう声明で呼びかけた。

「あなたは馬ではない。牛でもない」とFDAは言い、イベルメクチンの大量使用は「危険で、深刻な害をもたらす恐れがある」と警告した。

オクラホマ州のジェイソン・マケリア医師は、同州の複数の病院で、イベルメクチンを過剰摂取した人たちが救急手当を必要として、医療機関に負担をかけていると警鐘を鳴らした。

「この薬に処方箋(しょほうせん)が必要なのには理由がある。(服用を誤ると)危険な場合があるからだ」と、マケリア医師はBBCに述べた。

医師は、「数人」がイベルメクチンを過剰摂取したことで、COVID-19患者の急増ですでに疲弊している病院スタッフの負担を増やしていると述べた。

同氏は先週、地元放送局KFORに対し、「(緊急治療室が)あまりに混雑しすぎて、銃で撃たれた被害者が必要な治療を受けられる施設になかなかたどり着けずにいる」と話していた。

■嘔吐や視力低下

マケリア医師によると、イベル..
【日時】2021年09月05日 21:08
【ソース】 BBC News







#2 [匿名さん] :2021/09/05 22:26

>>1
あなたは馬ですか?鹿ですか?
それとも両方ですか?


#1 [匿名さん] :2021/09/05 22:19

>>0
コイツ、何言っちゃってんの?
お前が沸いて来るなや。
*よ。
お前みたいなの一匹*だところで悲しむ奴は一人もいねーから。
頼むから*でくれ。


#3 [匿名さん] :2021/09/05 22:29

>>2
ただのキチなガイです


#5 [匿名さん] :2021/09/05 23:52

なんだ*チョン虫の駆除剤か


#6 [匿名さん] :2021/09/05 23:53

>>5
嫌韓世代と打ち込むと高齢者と出てくる
高齢者とは?と打ち込むと内閣府のホームページ
「高齢者」というと、何歳くらい以上の人だと思うかで、最も高い割合は、中高年齢層、高齢者層ともに「70歳以上」







「イベルメクチンこそ新型コロナの特効薬」を信じてはいけない5つの理由

イベルメクチン賛成派でも反対派でもないが...
気になっていただけに残念....

NO.9769916 2021/08/21 18:24
「イベルメクチンこそ新型コロナの特効薬」を信じてはいけない5つの理由
「イベルメクチンこそ新型コロナの特効薬」を信じてはいけない5つの理由
■「副作用もなく安全」として紹介されているが…
「いま人工呼吸器を装着している患者は30代。やや肥満ですが、それ以外に基礎疾患はありません。コロナ第5波になってからは、40、50代の現役世代が重症化するようになりました。しかも患者数が激増してベッドが塞がり、搬送依頼があっても受けられない時もあります」

こう話すのは、新型コロナ治療の最前線で指揮をとる、埼玉医科大学総合医療センターの岡秀昭教授。自身が基礎疾患を抱えながらも、急増するコロナ患者の対応にあたる。

デルタ株に置き換わった新型コロナウイルスが猛威をふるい、病床が圧倒的に足りず、必要な治療が受けられない状態が続く。東京都内では、親子3人の家族全員が新型コロナに感染、40代母親が自宅療養中に死亡する悲劇も起きた。国民全体の半数が一度もコロナのワクチンを接種していないまま、第5波の出口は見つかっていない。

未曾有の混乱と不安の中で、いま注目を集めている薬がイベルメクチン(製品名:ストロメクトール)。

一部の医師やメディアが「重症化を防ぐコロナの特効薬」「副作用もなく安全」として紹介、SNSでは「イベルメクチンがあれば、ワクチン不要」という情報まで飛び交う。18日、衆議院の内閣委員会閉会中審査で、厚生労働省の山本史官房審議官は、イベルメクチンの承認申請がされた場合、優先かつ迅速に審査すると述べた。

だが、新型コロナの治療にあたる専門家の大半は「イベルメクチン」に対して懐疑的だ。その理由を探ると、一般の人が知らない5つの“誤解”がみえてきた――。

【日時】2021年08月21日 15:00
【ソース】PRESIDENT

イベルメクチン(英: ivermectin)は、マクロライド類に属する環状ラクトン経口駆虫薬。腸管糞線虫症、疥癬、毛包虫症の治療薬でもある。商品名はストロメクトール(日本ではMSD(旧・万有製薬)製造、マルホ販売)。放線菌が生成するアベルメクチンの化学誘導体。静岡県伊東市内のゴルフ場近くで採取した
43キロバイト (5,472 語) - 2021年8月15日 (日) 10:11












このページのトップヘ