【悲報】実はデマだった...ブルーベリー視力回復しない....

ブルーベリー(英: blueberry)は、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される北アメリカ原産の低木果樹の総称である。落葉または半常緑性であり、寒い地方では冬季に葉を落とすが、温暖な地では葉が残る。葉は紅葉して美しい。 栽培品種の成木の樹高は1.5-3m。春に白またはピンク色のドウダンツツジに似た釣鐘状の花を咲かせ、花後に0
24キロバイト (3,061 語) - 2021年10月17日 (日) 13:00


#食生活 #視力回復 #ブルーベリー
#動画(【ゆっくり解説】悲報!実はデマだった!?視力回復フルーツで視力が回復しない理由とは【うわさのゆっくり解説】)

■【食】悲報!実はデマだった!?視力回復フルーツで視力が回復しない理由とは...

ブルーベリー視力回復に効果があると、ドラッグストアや、サプリ広告などで売っているが…実はどうなのか?

目に良い食品一覧
1にんじん(βカロチン)
2、豚肉(ビタミンビー)
3、キウイ(ビタミン)
4、卵(ルテイン)
5、たこやいか(ルテイン)

こちらの食品が、ブルーベリーよりも栄養価が高く目に良い食材と言われている。

こちらの食べ物はあくまで目に良い栄養素を含んでいると言うだけであって、視力が回復するわけでもない。

目のためには、スマートフォンの見すぎの場合は、目を酷使しないように、そちらの時間を気をつけたいい。

ブルーベリーは確かに体新良い面もあるが、品種によって栄養素がかなり変わってくるし、アントシアニン以外での栄養素で量を摂取できるのはビタミンくらい位なので、栄養面で言うと紹介した5つの食材のほうがずっと優れていると言える。

□やらない方が良い事は?

眼トレや目のストレッチを実行していると…
本当に実行している人が網膜剥離になり病院にかかることもある。
スマホのアプリの視力回復なんかもあまり効果がないと言われている。

□目のケアをしたい場合は…

ビタミンを含んだ目薬をさし、ゆっくり目を休ませたり温めたりするのが良い。




ブルーベリーが目にいいと言われた理由

ブルーベリーが目に良いと言われ始めたのは、第二次世界大戦の頃だった。
この話は、イギリス空軍のパイロットが、「ブルーベリージャムが大好きで大量に食べていたおかげで、暗闇でも敵の飛行機がよく見えたぜ!」と言ったことが始まりだったと言われている。
この話は最初イギリス空軍が、夜間戦闘でドイツの爆撃機を多数撃墜すると言う成果を上げ始めた。
しかし、本当の理由を隠すためのデマだった。
しかも、最初はニンジン🥕だった。
その時のイギリス軍がドイツの攻撃を成功させたのは、レーダーの性能が向上したおかげだったと言う。それを敵国のドイツに悟られないように「ニンジン🥕のおかげで夜目が効く撃墜王がいる」と言う宣伝を行った。

第二次世界大戦の後、その情報をもとにヨーロッパでブルーベリーの目に対する効果が研究されていき、そこで出たエビデンスの低い情報が世の中に出回ってしまった。
ブルーベリーは目に良いと言う情報ありきで研究が進んでいってしまった。
そしていまだに、ブルーベリーのアントシアニンが味を良くすると言う証拠を示すものは何一つも出てきていない。

目を良くすることはできないが、目の疲れには効くかもしれないと言う程度に思った方がいいのだが、しかし、これもブルーベリーから摂取しようと思うとものすごい量を摂取しないといけなくなる。

アントシアニンの吸収率はカテキンや、イソフラボンなどのポリフェノールの吸収率が5%から10%なのに対し、0.1%程度と言われている。

市販のサプリメントの眼精疲労に効果を示すアントシアニンの摂取量が43.2mgと言うものもあった。

そこから計算すると、一番アントシアニンの含有量が多いブルーベリーの品種が100g中260mg程度。
ブルーベリーからそのまま摂取した場合アントシアニンの吸収率が0.1%とすると、単純に200g食べて46gなのでそれぐらい食べないと効果が現れない。

サプリメントの接種期間は6週間。
つまり、品種を選んだ上で6週間200g近いブルーベリーを毎日食べてやっと少しだけ疲労回復しできるレベルになる。
ちなみにこれでも視力回復はできない。

サプリメント飲んだほうがいいと言うことになるが、飲んだところですごい効果があるほどでは無いようだ。

□眼精疲労
スマートフォンやパソコンを長時間見ていると、自律神経が乱れていきこれにより頭痛や、吐き気、の原因。
ときには不眠やイライラやうつ病のリスクにまで発展してしまう。

近くを見ているときには交感神経が働き、遠くを見ているときには副交感神経が働く。つまり、スマホやパソコンのブルーライトを長時間目に当てながら目を緊張状態にしてリラックスモードになっていると言うことになり、そこで起きるのが自律神経の乱れと言うことになる。
これが起こることによって、眼精疲労は体全体に影響及ぼしてしまう。

そこで、日々のケアが必要になってくる。
眼精疲労の大きな2つの原因は食事やサプリメントでケアするのには目の働きを維持する栄養素をなるべく多く取り入れることと、自律神経を整える食品を取ることが大切になってくる。

□ブルーベリー以外に目に良い食べ物は?
眼精疲労に良い栄養素と、食品5つ。

1、ニンジン🥕
にんじんにはベータカロチンがたっぷりと含まれており、βカロチンには必要な分だけ体内でビタミンエーに変換される。このvitamin Aは目の眼精疲労にとても良いと言われている。
むしろブルーベリーのアントシアニンよりも吸収率から考えると経済的で食べやすい。そしてアントシアニンが不足しても特に何も起こらないが、ビタミン俺が足りないと暗い場所で目が見えにくくなったり、角膜や結膜上皮が乾燥しドライアイになってしまうこともある。
Vitamin Aは目や肌の粘膜健康に保ったり抵抗力をあげたりという作用もあるので、日ごろから目に栄養を与えるとても優れた食材と言っても良い。

2、豚肉🐷
豚肉はビタミンB郡を多く含むだ食物で、特にオススメなのは豚肉。
豚肉に含まれているビタミンB、さらにナイアシンはすべて目にとっても自律神経にとっても良い効果を発揮してくれる栄養素。ビタミンB1、筋肉の疲れをとり目から脳への神経伝達を正常に保つ
ビタミンB2、視神経の働きを促進、粘膜トラブル防止、目の細胞の再生、目の疲れを回復。
ナイアシン緑内障の予防効果、角膜や粘膜の維持、うつ病の予防、自律神経の乱れ改善
ビタミンB6、目の新陳代謝のサポート、視神経の正常化、うつ病の予防。
ビタミンB12、視神経の正常化、目のピント調整機能のサポート、疲れ目の改善

3、キウイフルーツ
ビタミンCを多く含むフルーツ
ビタミンCも目の健康維持するためにとても大切な栄養素で、粘膜の健康維持し、疲れ目の充血を防ぐ効果が期待できる。
そして、水晶体には、ビタミンCが含まれているので目の健康を維持するためには欠かせない栄養素となる。
キュウイはビタミンB、ビタミンCのほかにビタミンEも含まれている。
ビタミンEは白内障の予防効果や、目の老化をセグ効果がある。
4、卵🥚
卵にも、紹介してきたような目に良いvビタミン、ビタミンB、ビタミンEが含まれておりさらに卵黄にはルテインと言う栄養素が豊富に含まれている。
ルテインは目の酸化や、老化を防ぎ、視力の維持や、ブルーライトや紫外線から目を守ってくれる働きもあると言われている。

そしてそれ以外にも亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルも目の粘膜の保護や血管の拡張自律神経を整えてくれる作用があるので卵は女にとってもすごく万能な食品と言ってもいい。

5、たこ🐙やいか🦑、貝類に含まれているタウリン

タウリンは栄養ドリンクでよく入っている成分。
タウリンは、目の視細胞に含まれている物質で、目の新陳代謝を活発にし網膜の発達や角膜の修復などを手助けしてくれる作用がある。

目にとっては、特にビタミンAとの相性が良く、角膜上皮を酸化ストレスから保護してくれる働きもある。


こちらの食べ物はあくまで目に良い栄養素を含んでいると言うだけであって、視力が回復するわけでもない。

目のためには、スマートフォンの見すぎの場合は、目を酷使しないように、そちらの時間を気をつけたいい。