自衛隊(じえいたい、英: Japan Self-Defense Forces、略称: JSDF)は、自衛隊法に基づき、日本の平和と独立を守り、国の安全を保つために設置された部隊および機関。 事実上の軍事組織であり、国際法上は軍隊として扱われている。陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊
173キロバイト (25,857 語) - 2022年5月17日 (火) 00:06

地獄にいると心が乾く、陸上自衛隊幹部候補生学校④ - ぱやぱやくん日記
大規模災害の備えについて、自衛隊ではどんなことを教えているのか。元陸上自衛官のぱやぱやくんは「被災時に生き延びるためには『空気・体温・水分・食料』が重要。
このうち水分について陸上自衛隊では『災害時や野外行動で重宝するのはやはり水道水』と教わった」という――。
 防災の手引き~いろんな災害を知って備えよう~ | 首相官邸ホームページ 大規模災害への備えの強化 | 国土地理院
災害時に落ち着いて行動するには「水、ライト、ラジオ」
理由は、
「清潔できれいな飲料水がないと脱水症状で倒れる」
「光がないと精神的に不安定になる」
「正確な情報がないとデマに流される」

からです。災害時に落ち着いて行動するために、まずはこの3点を準備しておきましょう。
 最悪の場合は死に至る」スポーツドリンクの飲み過ぎが引き起こす悲劇 10~30代の男性に多く発症 | PRESIDENT  Online(プレジデントオンライン)
長期保存しても腐らない水道水は最強の飲み物。
すべてを自衛隊のような組織に頼らずに、一人ひとりが準備をして、行方不明者や負傷者の救難にも当たれるような体制を整えることが、結果として多くの人を救う行動に


【特集】 水筒に入れっぱなしにしても腹を壊さない…陸上自衛隊で教わる「災害時に重宝する最強の飲み物」 
水筒に入れっぱなしにしても腹を壊さない…陸上自衛隊で教わる「災害時に重宝する最強の飲み物」 人間が生き延びるには3日分の水分が必要 |  PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
1 朝一から閉店までφ ★ :2022/05/22(日) 20:07:04.12

2022/05/22 10:00

人間が生き延びるには3日分の水分が必要
PRESIDENT Online
ぱやぱやくん
元陸上自衛官

大規模災害の備えについて、自衛隊ではどんなことを教えているのか。元陸上自衛官のぱやぱやくんは「被災時に生き延びるためには『空気・体温・水分・食料』が重要。このうち水分について陸上自衛隊では『災害時や野外行動で重宝するのはやはり水道水』と教わった」という――。
※本稿は、ぱやぱやくん『飯は食えるときに食っておく 寝れるときは寝る』(育鵬社)の一部を再編集したものです。
https://president.jp/articles/-/57558

さすだけ充電ラジオライトPR-321 ブラック ホワイト | あんしんの殿堂 防災館 本店 手回し充電ラジオライト JTL-23【スマートフォン・携帯電話対応】 H530118│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト

災害時に落ち着いて行動するには「水、ライト、ラジオ」

「災害に備えて何か用意するものはある?」と聞かれたら、私は、「水、ライト、ラジオ」の3点をまず答えます。

理由は、

「清潔できれいな飲料水がないと脱水症状で倒れる」
「光がないと精神的に不安定になる」
「正確な情報がないとデマに流される」

からです。災害時に落ち着いて行動するために、まずはこの3点を準備しておきましょう。

また、もし水害から逃げ遅れて屋根などに避難する場合、なるべく明るい服を着て、できれば水分、懐中電灯、ラジオに加えて毛布を用意しましょう。水分は脱水を防ぐため、ライトは夜間の発見率を上げるため、ラジオは最新の情報を得るため、毛布は低体温症から身を守るために必要です。

防災 エマージェンシーシート 災害用 防寒 ポンチョ型 アウトドア 避難時 フード付アルミブランケット コジット  :004640:便利・キレイの雑貨アイデア.com - 通販 - Yahoo!ショッピング  災害時の「寒さ対策」に日用品が活躍! 新聞紙・ラップ・ポリ袋の活用法 - itwrap




「身体を温めることが第一優先」を覚えてほしい

次に、被災時に生き延びるために、「3分・3時間・3日・3週間」を覚えておいてください。これは、「空気・体温・水分・食料」の順序になります。

十分な空気を確保できているなら、「身体を温めることが第一優先」という鉄則を覚えておいてください。

特に冬場は、「まず身体を温める」というアクションが重要になります。冬場の災害では体温が奪われると命にかかわるので、「熱源を確保する」「濡れたらすぐに着替える」を徹底してください。ビニール袋や新聞紙は保温に役に立つので、腹に巻いたり、服のように着るといいでしょう。
災害時に役立つ!新聞紙で作る防災グッズ5選 (page 2) - itwrap 
繰り返しにはなりますが、災害時には、まず身体を冷やさないことを頭に入れて動いてください。

災害に備えて女性が持っておいたほうが良いものに、「ポンチョ」があります。ポンチョは保温に使えるのはもちろんのこと、お子さんを抱えながら雨風をしのぐのに役立つことや、野外での着替えなどにも使えるからです。

陸上自衛隊でもポンチョは貸与されますが、汎用性が高く、用途が広く、簡易テントにすることも可能です。






長期保存しても腐らない水道水は最強の飲み物
水筒に入れっぱなしにしても腹を壊さない…陸上自衛隊で教わる「災害時に重宝する最強の飲み物」 人間が生き延びるには3日分の水分が必要 |  PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
続いて重要な水分補給について解説しましょう。実は災害時で最強の飲み物は、水道水です。水道水はとにかく腐らないからです。水道水は常温で3日間持ちます。そして、何日も水筒に入れっぱなしでもあまり腹を壊さない、傷の手当てにも使えるなどの利点が多いのです。

「カルキくさい」「塩素くさい」と評判の悪い水道水ですが、水道水はきびしい検査があり、日本ほどきびしい基準を設けている国はほぼありません。

陸上自衛隊でも、水道水は長期保存しても腐らないので、「災害時や野外行動で重宝するのはやはり水道水」と教わりました。

水道水が確保できない場合も考慮して、「携帯浄水器」も準備しておくと良いでしょう。ソーヤーなどが出しているサバイバル用の浄水器を使えば、川の水や雨水でも飲むことができます。清潔な水を手に入れるためにも、余裕があれば準備をしておきましょう。

水筒に入れっぱなしにしても腹を壊さない…陸上自衛隊で教わる「災害時に重宝する最強の飲み物」 人間が生き延びるには3日分の水分が必要 (2ページ目) |  PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)
非常食は「普段でもおいしく食べられる」で選ぶ
https://president.jp/articles/-/57558?page=2


【関連記事】
【第1回】「休まず働く」は日本人の悪癖…日米合同演習で自衛隊は疲労困憊でも米軍がずっと元気なワケ
「取りやすいところから徹底的に取る」政府がたばこの次に増税を狙っている"ある嗜好品"
湾岸タワマンは危険すぎる…東京のブランド住宅地が「山の手の高台」にある納得の理由
頭のいい人はそう答えない…「頭の悪い人」が会話の最初の5秒によく使う話し方
「仕事やお金を失ってもやめられない」性欲の強さと関係なく発症する"セックス依存症"の怖さ
【【特集】【災害】水筒に入れっぱなしにしても腹を壊さない…「災害時に重宝する最強の飲み物」wwwwwww】の続きを読む