納豆(なっとう)は、よく蒸した大豆を納豆菌によって発酵させた発酵食品。一般的に「糸引き納豆」を指す。菓子の一種である甘納豆とは異なる。 日本固有と思われがちだが、類似の食品ものは様々な地域に存在する(「アジア」「アフリカ」参照)。 大豆を納豆菌で細菌発酵(「臭気」参照)させた発酵食品である。日本全
85キロバイト (12,690 語) - 2021年6月30日 (水) 08:56



(出典 3.bp.blogspot.com)


#NG行為 #納豆
#動画(【ゆっくり解説】納豆の栄養を解説)

■【食】納豆のNG行為が判明ご飯に乗せる』『生卵と混ぜる』『タレを混ぜ る『冷蔵庫から取り出してすぐ食べる』 

納豆の栄養を壊さない食べ方
・熱々ご飯に納豆をのせてたべない
・生卵の白身と一緒に納豆をたべない
・タレを入れてから混ぜない
・冷蔵庫から取り出して直ぐにたべない

みんな大好きな食べ方でしたが、納豆の栄養を取る食べ方です。
ちなみに、納豆はあ水溶性なので温水で流してから洗剤で落としましょう。
スポンジを直に使うと粘りがスポンジにつき、洗いにくいです。
また、直ぐに洗剤を使うと粘りが水に溶けにくくなるのでNGです。

1 potato ★ :2021/06/30(水) 21:28:14.80

(略)

その食べ方、納豆の栄養を壊しているかも?

安いし健康に良いから、納豆はしょっちゅう買うわ~。熱々のご飯にかけるのがやっぱり1番よね…なんて思っていませんか? 

ちょっと待ったー!実はその食べ方、納豆の栄養を壊しています。

今回は、納豆の栄養を損なわずに食べるポイントを紹介します。

納豆の栄養を壊さないために

・熱々のご飯の上に納豆をのせて食べない
・生卵の白身と一緒に納豆を食べない
・タレを入れてから混ぜない
・冷蔵庫から出してすぐに食べない

4つのポイントの理由を見ていきましょう!

熱々のご飯の上に納豆をのせて食べない

加熱すると、納豆に含まれるナットウキナーゼが破壊されてしまうんです…。

ナットウキナーゼには、血液をサラサラにする大事な効果があります。

この効果を得るためには、ご飯と納豆を別々に分けた状態で食べるのがおすすめですよ!

生卵の白身と一緒に納豆を食べない

実は、納豆と生卵の白身は食べ合わせが悪い食材。納豆に含まれるビオチンには、皮膚や髪の毛を美しくする効果があります。

このビオチンの効果を妨げるのが、生卵の白身に含まれるアビジン!

卵と一緒に食べたい時には、半熟卵にする等して、加熱した状態の卵を使うと◎ですね。

タレを入れてから混ぜない

最初にタレを入れてしまうと、納豆の粘り気が少なくなりますよね? 

そうすると、多くの栄養素の効果を引き出しにくくしてしまうんです。

先に納豆を混ぜた状態で、タレをかけましょうね!

冷蔵庫から出してすぐに食べない

冷蔵庫内で低温になった状態では、納豆菌は眠っています。

腸内を整えてくれる納豆菌の効果を発揮させるためには、20分ほど常温に放置してから食べると◎ですよ~!

【知っ得!】納豆で粘りのついた皿の洗い方

そもそも、納豆の粘りは水溶性のもの。そのため、温水で流してから、洗剤で汚れを落としましょう。

すぐにスポンジを使うと、粘りがスポンジに付き、洗いにくくなります。

また、すぐに洗剤を使ってしまうと、粘りが水に溶けにくくなる場合もあるのでNG。

■教えてくれたのは…
くらしのマーケット
くらしのマーケットは、ハウスクリーニング・引越し・不用品回収など、200種以上の暮らしのサービスをオンラインで予約できる、国内最大級のインターネット商店街です。

構成/サンキュ!編集部

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ea297ed41bbe72fae7f06a2f475aaebd8a5bc27


【【朗報】納豆の効果的食べ方GETwwwwwwww】の続きを読む