< ニュー速まとめコアラチャンネル


 糖質の高い食べ物の摂取を控える、糖質制限ダイエット。

最近ではメディアで頻繁に取りあげられているため、挑戦している方が増えています。

しかし、中には自己流の間違った方法を行っている方もいるようです。

糖質制限ダイエットは、正しいやり方で行えば効果的に脂肪を落とすことができ、さらにダイエット後にも太りにくくリバウンドしにくい身体をキープできるものですが、間違ったやり方では思うように痩せられないばかりか、健康リスクをもたらす危険性があります。


間違った糖質制限ダイエットで起こりうる健康リスクとは

【関連記事】「脂質異常症」という症状をご存知ですか?


(出典 money-planners.com)





 糖質制限ダイエットの基本的なメカニズムは、糖質の摂取を控えることで血糖値インスリン分泌を抑制し、中性脂肪をつきにくくするというもの。
もともとは糖尿病患者さん向けの食事療法に取り入れられている方法ですから、正しい方法で行えば健康リスクが生じる危険性はありません。

しかし、糖質制限ダイエットの正しい方法を理解せずに自己流の方法で適当に行ってしまうと、以下のような症状が出ることがあります。


■便秘になりやすくなる


糖質制限ダイエットでまず摂取を控えるべき食品は、ごはんやパン、麺類といった主食、すなわち炭水化物です。

しかし、炭水化物は食物繊維を多く含んでいるため、主食をカットすると身体はどうしても食物繊維不足になってしまいます。

そこで問題になるのは、便秘。食物繊維は、腸内の善玉菌のエサとなって腸内環境を整える役割をもっており、規則正しい排泄には欠かせない要素です。


そのため、食物繊維が不足すると、腸内の善玉菌が減少して腸内環境が乱れ、悪玉菌の増殖を促してしまいます。


その結果、便秘気味になり、肌荒れや体調不良などの症状につながることも考えられます。

主食を控えることによる食物繊維不足、それに伴う便秘を防ぐためには、食物繊維を多く含む野菜やキノコ、大豆製品、ナッツ類などを積極的に食べることが大切です。

また、腸内の善玉菌を増やす働きのあるビフィズス菌や乳酸菌を多く含むヨーグルトや納豆なども活用しましょう。いつも以上に水分をたくさん摂ることも意識してください。


水分を摂取することで便が柔らかくなり、便秘の改善が期待できます。

女性なら1日2リットル程度、男性なら3リットル程度のお水を飲むのが理想的です。喉の渇きを感じる前に、こまめに飲むようにしましょう。

■身体が冷えやすくなる
過度の糖質制限は、身体を冷えやすくする危険性があります。

というのも、糖質には身体の熱をつくり出す働きがあるため。また、糖質だけでなくたんぱく質や脂質など必要な栄養素までカットしてしまっている場合、筋肉量が減少し、基礎代謝量も落ちてしまいますから、さらに身体は冷えやすくなります。

糖質制限ダイエットによる冷えを予防するためには、過度な糖質制限を行わないことが重要です。あわせて、適度な運動を行って筋肉量を増やしたり、暖かい格好を心がけたりお風呂にゆっくり浸かったりなど身体を冷やさない工夫をしましょう。

また、身体を温める作用のある食品を積極的に取り入れるのもおすすめです。例えば、生姜は、ショウガオールという身体の冷え改善に効果的な成分が含まれている上に、低糖質。また、料理の薬味として加えると風味がアップするので、調味料の使用を控えめにした薄めの味付けでも満足できる味わいになります。

ぜひメニューに取り入れてみてください。

■頭痛やめまいが起きやすくなる
糖質だけでなく全体の食事量を過度に減らしたり、必要な栄養素までカットしたりすることで、頭痛やめまいが起きる危険性があります。頭痛の原因のひとつは、ビタミンB群不足。ビタミンB群が不足すると、円滑な代謝活動が行えなくなり、その代償として頭痛が生じることがあるのです。

一方、めまいの原因のひとつは身体のエネルギー不足。糖質を制限する場合、糖質に代わって身体のエネルギー源となるのはたんぱく質や脂質ですから、これらもカットしてしまうと身体はエネルギー不足になり、めまいにつながります。

この他、糖質には中毒性があるため、これまで糖質への依存度が高かった人ほど食べられないストレスを感じ、それが頭痛やめまいの原因になるといわれています。

糖質制限による頭痛やめまいを予防するためには、糖質は制限しつつも、たんぱく質や脂質、ビタミン類、ミネラル類などの必要な栄養素はしっかりと摂取することが大事です。

このように、間違った糖質制限は、健康上のリスクをもたらす危険性があります。

しかし、これらの症状はいずれも、適切な方法で糖質制限ダイエットを行っていれば回避できるものです。まずは、正しい知識を身に付けることを目指しましょう。

なお、以下の病気に当てはまる方は、糖質制限ダイエットを行うことによって病気が重篤化する危険性があるため注意が必要です。

肝硬変
・腎疾患
・活動性膵炎
・長鎖脂肪酸代謝異常

上記以外にも、既に糖尿病を発症しており経口血糖降下薬を服用している人やインスリン注射を投与している人の場合には、糖質制限ダイエットによって低血糖発作を引き起こすことがあります。必ず主治医と相談をしてください。


糖質制限ダイエットで失敗する原因と、気をつけたいこと

健康リスクが生じたり、ダイエット効果が十分に出なかったりといったように、糖質制限ダイエットに失敗してしまう原因は、正しい方法で糖質制限が行えていないから。以下の項目に注意が必要です。

■「実は糖質の高い食材」を食べている
ごはんやパン、麺類、スイーツなど、「明らかに糖質が高そうなもの」以外にも、「ヘルシーなイメージなのに実は糖質は高いもの」があります。

例えば、春雨は一般的にはヘルシーなイメージがありますが、糖質に関しては100gあたり80.9gと高糖質。また、糖質制限ダイエットでは主食を控える代わりに野菜をたくさん食べるのがよしとされますが、野菜の種類によっては糖質が高く摂取を控えたほうがよいものもあります。

特に、トマトやトウモロコシニンジンといった甘みの強い野菜、サツマイモやじゃがいも、レンコンカボチャなどの根菜類には注意。


加えて、市販の野菜ジュースも、糖質の高い野菜や果物が含まれているものが多いので避けたほうが望ましいといえます。


この他、ケーキやクッキーなどの洋菓子よりもヘルシーなイメージがある粒あんも高糖質なため、糖質制限ダイエットには不向きです。


このように、カロリーは低いけれど糖質制限ダイエットには適さない食品や食材はたくさんあります。ラベルに記載されている食品成分表示や栄養表示を確認してから購入すると安心です。


間違った糖質制限ダイエットは危険??失敗しないために注意すべきこと


[文:HOWZAP 【ハウザップ】 ライザップが運営するボディメイク情報マガジン)]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。





(出典 news.nicovideo.jp)





<このニュースへのネットの反応>

【間違った糖質制限ダイエットは危険??失敗しないために注意すべきこと】の続きを読む


今回は睡眠についてお話しします!

みなさんはぐっすり眠れていますか?

浅い眠りで夜中に目が覚めてたりしませんか?

わたしたちは、活動時に働く交感神経と休息時に働く副交感神経をバランスよく切り替えることで、健康を保つことができています!

【関連記事】こむら返りは「体からの危険信号」?深刻な病気が隠れている可能性も


しかし、睡眠時に働くはずの副交感神経がストレスなどにより刺激され、交感神経が強く出てしまい「寝付きが悪い」「睡眠の質が低い」などの問題が出てきてしまいます…

この問題を解決するため、寝る前には深呼吸をしましょう!

まずは鼻から大きく息を吸って、遠くにある蝋燭の火を消すイメージでゆっくりと息を吐きます!

この呼吸法を数回繰り返すだけでリラックス効果があり、副交感神経への切り替えをサポートしてくれます!

たったこれだけ?と思われるかもしれませんが、呼吸法を変えるだけで睡眠の質も変わるかもしれませんよ!

もちろん鍼灸も副交感神経を優位にしてくれるので、とても効果的です!

[文:meilong スタッフ]


(出典 tachibanadouri-s.jp)


「東京・恵比寿で美容鍼灸,鍼灸治療をお探しならmeilongへ(https://www.meilong.jp/」


※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

meilong 院長・石川美絵(いしかわ・みえ)

石川美絵

大学では栄養学を学びテレビ局、IT企業、広告代理店などに勤務し、20代後半時の大きな人生の挫折から東洋医学の世界に出会う。鍼灸と漢方の奥深さに魅かれ鍼灸学校に入学し国家資格鍼灸師免許を取得。学生時代は40院の経営兼柔道整復師・鍼灸あん摩指圧マッサージ師でもある先生のアシスタントをし、国家資格取得後、北京中医薬大学卒でもある鍼灸30年の先生から技術を取得する。さらに美容鍼灸のパイオニアに師事し、世界で活躍する日本鍼灸の技術に刺激され研究を重ねる。さらに200件以上の治療院・クリニック・スパ・エステなどを周る。ホテル椿山荘の鍼灸治療施設「KENBITOKYO」、「東方健美」へ勤務した後、2014年、四谷に紹介制治療院Meilongを開業。

世に鍼灸を広めたく2015年meilong恵比寿院をオープンし、続けて2017年meilong恵比寿mana院をオープン。2019年meilong銀座院もオープン。

千葉大学医学部附属病院の和漢診療科での研修、漢方医、各専門分野の医師との連携もし日々、情報交換、学会への参加も努めている。また自分自身が不妊治療をし鍼灸と漢方も併用し子を授かったが途中、死産分娩を経験している事、さらに不育症からの妊娠を維持する為の体験、知識もあり不妊治療にも寄り添いたいという想いも強い。世の頑張っている女性の一番の味方でありたいと思っている。

寝る前の深呼吸でリラックス


(出典 news.nicovideo.jp)





<このニュースへのネットの反応>

【寝る前の深呼吸でリラックス】の続きを読む


大リーグカージナルスラーズ・ヌートバー選手が、バータイプで手軽に美味しくタンパク質を補給できる「inバープロテイン」(森永製菓)シリーズの新CMに出演。「つかめ チカラ」篇が5月7日(火)より全国で放映される。




(出典 charlesrivera2.blogspot.com)

【動画】ヌートバーがチカラをつかむためのトレーニングを見せる

ラーズ・ヌートバー選手出演inバープロテイン新CM「つかめ、チカラ」篇より/※提供写真

■舞台裏で努力をしている姿を描く新CM

同CMでは、ヌートバー選手が目標に向かって同商品と共に力強く前進する姿を描き、表舞台で輝くため、舞台裏で努力をしているヌートバー選手のトレーニングシーンが見どころに。

撮影は、少し緊張した様子で現場入りしたヌートバー選手。しかし、CM監督がヌートバー選手の所属チームの帽子を被っていることに気が付くと「その帽子いいですね!」と声を掛けるなど、和やかな空気で撮影が始まった。


撮影序盤の「inバープロテイン」を勢いよく手に取るシーンで落としてしまう場面もあったが、その後のバッティングやウエイトトレーニングのシーンでは力強い表情を見せ、カットがかかれば笑顔でスタッフとコミュニケーションをとるなど、リラックスした様子で撮影に臨んでいた。

ヌートバー選手インタビュー

――撮影を振り返っての感想をお願いします。

とても良い撮影でした。inバーの仕事ができて、このCMの撮影に参加できてとても良かったです。アスリートがトレーニングしているシリアスな一面を見せられたと思います。

――注目してほしいポイントはありますか?

アスリートが舞台裏でどんなことをしているのかを描写しているところですね。去年(のCM)では、(アスリートの)楽しく、明るい面を見せていましたが、その裏側には努力もあります。今回はその舞台裏の姿を映し出せたと思います。

――CM内で目標をノートに書き込むシーンがありましたが、実際に目標ノートを付けられていると伺いました。

ワールドシリーズに勝ちたいことを毎日書いています。それがメインですね。あとは個人的な目標で、オールスターに選ばれたいです。その二つ(の目標)ですね。一つはチームとしての目標で、もう一つは個人の目標です。

――野球のプレー以外で何か挑戦したいことはありますか?

アスリートとしてさまざまなスポーツをして育ち、中でもゴルフやサーフィンは大人になっても好きなので、その二つにチャレンジしてみたいですね。

また、慈善的な活動にも取り組みたいですね。これは肉体的というより精神的なことで、その両方の挑戦が僕にとって重要だと思います。

――inバープロテインに対する印象を教えてください。

とても気に入っています。ここに3種類の味がありますが、今日はベイクドチョコを食べました。本当に好きです。特に健康意識のある方にとっても、気軽に食べられて、おいしく、僕も愛用しています。

――メッセージをお願いします。

アスリートがどんなトレーニングをしているのか、どんな準備をしているかなど舞台裏の一面を見てもらえたらと思います。

この商品は私のようなアスリートだけでなく、健康志向な人にも手にとってもらいたいと思います。彼らにとってもアスリートと同じものを食べることは重要だと思います。この商品はそういう人たちの健康の一助になると思います。そして、改めて私たちのいつもとは違う一面をのぞいてみてください。


ラーズ・ヌートバー選手出演inバープロテイン新CM「つかめ、チカラ」篇より/※提供写真


(出典 news.nicovideo.jp)





<このニュースへのネットの反応>

【ヌートバーが“目標ノート”に書いている二つの目標明かす「毎日書いています」】の続きを読む

このページのトップヘ