< ニュー速まとめコアラチャンネル


【感動】20年のひきこもり生活に春wwwww初任給の使い道www

#ひきこもり歴20年 #初任給 #両親

ひきこもり歴20年、33歳長男がアルバイトの初任給2万円で母に花をおくるまでのヒストリー

感動です。
ひきこもりになった経緯。心を開けなくなり辛い思いもされたでしょう。

一歩踏み出せてよかった。
これからの人生は、自分の楽しみを見つけられる楽しい人生が送れますように。

NO.9404739 2021/04/17 11:32
ひきこもり歴20年、33歳長男がアルバイトの初任給2万円で母親に花を贈るまでの全ストーリー
ひきこもり歴20年、33歳長男がアルバイトの初任給2万円で母親に花を贈るまでの全ストーリー
中学時代にいじめやからかいに遭い、ひきこもりになった長男(33)。ここ20年間、一度も働いていなかったが、父親が定年間近で「そろそろ働かなきゃ」と動きだした。当初、社会に出ることへの恐怖心が強かったが、厚生労働省委託のNPOなどが運営する地域若者サポートステーションや勤務先の心優しい同僚にも支えられながら、初任給の2万円を手にした――。

■ひきこもってから20年経過して33歳になった長男の「復活」
ある日、ひきこもりの長男(33)を抱える母親(57)が筆者のもとへ相談にやってきました。緊張しているせいか、硬い表情のまま母親は相談の目的を告げました。

「主人(59)は来年で60歳になり定年を迎えます。そのためか、最近になって長男はお金の不安を口にするようになってきました。そこで主人が定年を迎える前にお金の見通しを立ててみて、それを長男にも伝えておきたいのです」

「なるほど、分かりました。では、まずはご家族構成やご長男のことからお話いただいてもよろしいでしょうか」

筆者はそう言い、母親から聞き取りをすることにしました。

長男は小さい頃からぽっちゃりとした体形で、動作もゆっくりしていました。会話のキャッチボールもあまり得意な方ではなく、相手の求めているであろう受け答えをすることが難しかったそうです。そのためか、中学生の頃に、からかいやいじめの標的にされるようになってしまいました。ひどい時には後ろから頭をたたかれたり、背中を蹴られたりといった暴力も受けたそうです。



【日時】2021年04月17日 09:00
【ソース】プレジデントオンライン


【【感動】20年のひきこもり生活に春wwwww初任給の使い道www】の続きを読む




(出典 t.pimg.jp)


#日米首脳会談 #アメリカ #中国

アメリカが中国に対するライバル心が強いです。

日本は中立としての役割が求められています。
しかし、相手は中国。

手ごわい相手でもあり、隣国としての立場も。

これからの動向に注目です。
1 ボラえもん ★ :2021/04/17(土) 21:30:48.94

 16日の日米首脳会談で、バイデン氏は「唯一の競争相手」とする中国への対抗意識を鮮明にした。
共同声明には、中国への配慮で長らく言及してこなかった「台湾海峡の平和と安定」の文言を盛り込んだ。
強硬なバイデン政権の対中政策に、日本はどこまで歩調を合わせられるかが、今後の焦点になる。

 バイデン大統領は記者会見の冒頭で「我々(日米)は中国からの挑戦を受けて立つためにともに取り組む」と発言。
菅首相がつかった「中国が及ぼす影響」よりも強い言葉で、中国に対する強いライバル意識をにじませた。

 さらに、「21世紀においても、民主主義は競争し、勝利することができると証明するため、ともに取り組んでいく」とし、
日本と協力して中国との競争に打ち勝つという姿勢を鮮明にした。

 発足から約3カ月、コロナ禍で対面での首脳会談を避けてきたバイデン氏にとって、菅氏は初の直接会談の相手になった。
「厚遇」の背景には、軍事、経済、技術開発にわたる中国との競争で、日本の役割を拡大させたいとの狙いが透ける。

■「ジョー」と「ヨシ」、今後どうなる?

 バイデン氏は、中国を念頭に「専制国家」という言葉を使う一方で日米についてはアジア太平洋地域の
「二つの強い民主主義国」「重要な民主主義国家」と表現した。
「民主主義国家」陣営対「専制主義国家」陣営の競争で、日本が重要な位置を占めることも印象づけた。

 焦点の一つだった台湾問題は、共同文書で明文化された。
菅氏は「台湾海峡の平和と安定の重要性については、今回改めて確認した」と、記者の質問に答える形で述べたが、バイデン氏は言及しなかった。
https://news.yahoo.co.jp/articles/03f1dbb69484008c69fd30ca3ca541a310a2e1f6

★1が立った時間:2021/04/17(土) 16:27:30.57 
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618656256/


【【米国】中国バイデン大統領に挑戦状WWWWW    ⇦民主主義が勝つ事証明するWW】の続きを読む


【驚愕】小室家に係ると不幸になる・・元婚約者小室母元婚約者 小室家に大金投じ家にも住めなくなる・・【動画】・・家も

#元婚約者 #小室母 #不幸な状況 #動画(【音声】「28枚説明文章」を覆す交渉音声)

小室さん母の元婚約者 小室家に大金投じローン払えず転居、車も売却 
この文章では、小室家の呪いとしか思えません。

騙されてしまい、お気の毒です。

あのまとまりのない何を伝えたいのか・・ダラダラ長い文章文章も覆す音声データ。
どこまでも親子してだまし続けるのでしょう。

これでは、関わる人が全て不幸になる感じにもなってしまいます。

週刊文春さんすごいです。


NO.9405050 2021/04/17 18:00
小室さん母の元婚約者 小室家に大金投じローン払えず転居、車も売却
小室さん母の元婚約者 小室家に大金投じローン払えず転居、車も売却
 秋篠宮家の長女・眞子さまの婚約内定者・小室圭さんは4月8日、全28ページにわたる文書を公表。そこには、母・佳代さんと元婚約者Aさんの金銭の生々しいやり取りが記述されている。たとえば、《元婚約者の方は11月1日に45万3000円を母の口座へ送金してくださいました》という部分。Aさんが小室さんの大学の学費にと振り込んだものだが、小室さんは奨学金を得たので、この約45万円は丸々浮いた。それを小室さんは大学の「入学祝い」として《ありがたくいただきました》という。

「文書全体を通じてAさんは、高級な飲食店で食事をしたり、クルージング婚約パーティーを提案したり、200万円をポンと渡すなど、“経済的に余裕のある資産家”という印象を受けます。ですが、Aさんはそれほど余裕のある生活を送ってはいません」

 と語るのは、Aさんの知人だ。

「Aさんには離婚歴があり、慰謝料や養育費の負担もありました。勤め先は外資系企業とはいえ、平均的なサラリーマンを上回る収入でもありません。ただ、Aさんは優しいので、小室さん親子に“どうしても”と頼られると、断れない面があったのでしょう」

 小室文書を読んだ人には、Aさんが積極的にお金を小室家に“提供”していたように見えるのだが、現実にはそうではなかった。佳代さんは、「当分の生活費を借りたい」「とりあえず10万円程お願いしたい」といった“ヘルプメール”を事あるごとにAさんに送っていた。

《婚約破棄の理由が、支援が増えすぎて元婚約者の方の負担になっていたことだとは思いもしませんでした》



【日時】2021年04月16日 11:00
【ソース】NEWSポストセブン
【関連掲示板】


【【不幸】小室家元婚約者から金銭奪う・・ 小室家に大金投じ家も車も売却・・【動画】】の続きを読む

このページのトップヘ