< トップページ(3ページ目) | ニュー速まとめコアラチャンネル


「妻の心臓が止まるまで見殺しにした」夫が怒りの告白 BA.5対応のワクチン接種後に42歳女性が死亡 アナフィラキシーの治療されなかったか  愛知(2022/11/10) - YouTube

     ワクチン接種後に死亡「遺体の体温が非常に高かった」医師からの指摘も…遺族は厚労省に調査を求める【報道のチカラ】 | TBS NEWS DIG  (1ページ)  

              独自】接種後死亡196人 遺族は、「ワクチン加速」の一方で・・・ - YouTube 
新型コロナ】ワクチン接種後に死亡… 父が求める息子の死の真相 広島 NNNセレクション - YouTube


1 Hitzeschleier ★ :2023/02/07(火) 17:21:23.56ID:kVkbl3Qy9
「心臓が溶ける!」「ゼリーのような血栓」……医師たちが「きいた」ワクチン死した壮絶遺体の声

心臓が溶ける!」「ゼリーのような血栓」……医師たちが「きいた」ワクチン死した壮絶遺体の声(現代ビジネス) - Yahoo!ニュース

2/7(火) 7:03
https://news.yahoo.co.jp/articles/09ca077277f9c30fe54c5b1322bcf726a3479a69

厚生労働省はワクチンの副反応疑い*人数を1966人に更新した。

接種が原因で発症したとみられる異常な症状で命を落とす患者たち。経験したことのない事態に医師や看護師は声をあげ始めた。


大阪医科薬科大学法医学教室の鈴木廣一名誉教授は、大阪府警から解剖を依頼された遺体にメスを入れ、思わず目を見張った。府内に住む61歳(当時)の男性、Aさんである。

心臓と肺をつなぐ太い動脈を切り離したときのことだった。

血管から流れ出てきたのは、ドロリとした血の塊―血栓だ。

男性の肺動脈には、コーヒーゼリーのような赤茶色の血栓がびっしりと詰まっていた。


「明らかな肺動脈血栓塞栓症でした」(鈴木氏)

脚などでできた血栓が血流に乗って肺の血管内に集まり、塞いでしまう疾患のことだ。

血栓は、そのほとんどが足首から膝にかけて走る静脈でできる。そのため鈴木氏はまず、左脚の静脈を調べた。だが、血栓はどこにも見当たらない。続けて右脚を調べると、静脈にぎっしりと血栓が詰まっていた。

おそらく*直前、Aさんの両脚の血管には、どちらも血栓が生じていた。

何かのきっかけで左脚の血栓がはがれ、肺動脈を塞いで、彼を死に至らしめたのだろう―。解剖の結果、鈴木氏はそう推測した。


Aさんは'21年8月5日、ファイザー社製ワクチンの接種を受けた。

それから5日後の8月10日、妻に胸の苦しさを訴え、接種を受けた医院に向かおうと自転車に乗った直後、うめきながら倒れたという。

救命救急センターに運ばれたがすでに心肺停止状態で、間もなく死亡が確認された。


原因が明確化されない死
Photo by gettyimages
 
実は、Aさんは7日の時点で家族に胸の違和感を訴えていた。


「その時、すでに脚の血管から小さな血栓がはがれ、肺の血管に詰まり始めていたと考えられます。そして自転車を漕いだ際、左脚の静脈の大きい血栓がはがれて一気に肺の動脈に流れ込み、塞栓状態になった。膝裏辺りの血管で生じる血栓は、直径1cm近くになることもあるのです」(鈴木氏)

Aさんは毎朝の散歩を日課にしており、大きな血栓が生じる可能性は低かった。原因として考えられるのは、ワクチンを接種したことだけだ。

鈴木氏はAさんの死亡検案書にこう記した。

〈死因は肺動脈血栓塞栓症と心筋炎〉〈ワクチンとの因果関係あり〉

本誌は前号で、ワクチン接種後の「副反応疑い死」でかけがえのない肉親を亡くした複数の遺族の証言を報じ、大きな反響を得た。中には「作り話ではないか」といった心ない反応もあったが、今回の記事も含め、遺族や当事者への取材に基づいていることを改めて強調しておきたい。

今なお国は、ワクチンと「副反応疑い死」の因果関係を一件も認めていない。

その一方で、不審な死を遂げる人は後を絶たない。

そうした現実に違和感と怒り、悲しみを抱いているのは遺族だけではない。

現場で死にゆく人を目の当たりにする医師や看護師も同様だ。

今回は、そうした医療者の肉声をお伝えしよう。


※続きはソース元でご覧ください

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1675749972/

【不審な死 ワクチン接種後の「副反応疑い死」……医師たちが「きいた」壮絶遺体の声】の続きを読む





1 えりにゃん ★ :2023/02/07(火) 10:13:20.20ID:YOQgpMr99

「死刑になるのが怖い」 広域強盗 今村容疑者、北海道内の知人に電話 



日本の警察が広域強盗事件に絡み、フィリピンに強制送還を求めている今村磨人(きよと)容疑者が2月上旬、道内の知人に
「死刑になるのが怖い」などと電話で話していたことが6日、関係者への取材で分かった。

関係者によると、フィリピンの入管施設で収容中の今村容疑者は1日、知人に電話で
「日本に帰って死刑になるのが怖い。震えて眠れない」などと話していた。
同容疑者らに関するニュースが日本国内で大きく報じられていることも認識していた。
同容疑者は入管施設内から電話してきたとみられるが、なぜ連絡できたかは不明という。 

【広域強盗事件 今村容疑者フィリピン獄中から知人に電話wwwwww】の続きを読む



1 Hitzeschleier ★ :2023/02/07(火) 11:40:32.26ID:jrf5Ou5s9

【ルフィ速報】広域強盗関連 渡辺容疑者と小島容疑者の告訴を棄却 



2/7(火) 11:32
https://news.yahoo.co.jp/articles/62589484061693e9389cc24a6fd11c4a67263e9a

捜査されている特殊詐欺グループ4人のうち、別の事件で告訴されていた渡辺優樹(わたなべ・ゆうき)容疑者(38)と小島智信(こじま・とものぶ)容疑者(45)について、7日、裁判所は告訴の棄却を決定しました。

【【ルフィ速報】渡辺容疑者と小島容疑者の告訴を棄却wwwwww】の続きを読む

このページのトップヘ